スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月26日

2015年6月26日。
この日はアメリカ合衆国に住む多くの人たちにとって喜びの日となった。
連邦最高裁判所が同性婚を認める判断を示し、全米で事実上、同性婚が合法化されたからだ。

http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-06-27/johnroberts-america-lgbt/
こののサイトに掲載されている連邦最高裁の命令文がとても美しい感動的なものなので、転載したい。

『人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。なぜなら結婚とは、最も崇高な愛、忠誠、献身、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちを含んでおり、家族を抱くことだ。婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる。

今回の訴訟の申立人たちは、たとえ死が二人を分かつとしても、なお途切れない愛情が、結婚にはあると証明している。ゆえに、申立人たちが結婚という営みを軽視しているとするのは、大きな誤解である。彼らの申し立ては、結婚という営みの意味を尊重しているがためであり、だからこそ、自らもそれを成し得んとしているのである。

申立人たちが望むのは、非難され、孤独のうちに生涯を終えることのないこと。また、古い体制や思想のために社会から排除されることなく、生を全うできることである。法の下に、平等なる尊厳を求めているのである。憲法は、彼らにもその権利を付与している。よって当法廷は、第六巡回区控訴裁の判断を破棄する。』

素晴らしいね。自由の国アメリカの面目躍如といったところだ。
かつてのローマ帝国のごとく、人類社会の一番美しく崇高な部分と、最低最悪の蛮性を併せ持つアメリカ。
色々問題もあるのだろうけど、それでもやはり、この国には未来への希望を感じる。

実は奇しくもこの日は、私たち夫婦の15回目の結婚記念日でもあった。

妻と自分は正直言って、似た者夫婦でも趣味嗜好がぴったりというわけでもない。
若い頃は破滅的な夫婦喧嘩もよくあり、そのたびに両親や子供達に心配をかけたりもした。
夫婦、家族、友人先輩仲間達との時間を重ねながら、お互いの事を理解したり受け入れながら、
関係はどんどん深く、成熟してきたのだと思う。
そして15年。
とても幸せだと感じているし、いまの自分の境遇を与えてくれた人たちや幸運に日々感謝している。
すべては妻よ、君との出会いのおかげだ。ほんとうにありがとう。

『人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。なぜなら結婚とは、最も崇高な愛、忠誠、献身、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちを含んでおり、家族を抱くことだ。婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる』

これからもずっとよろしく。

あれから4年

記録的な大雪の冬も終わり、
打って変わって暖気の4月5月には急ぎ足でいっぺんに山菜が生えてきて、
バタバタと山菜採りに追われた春も峠を越えて、
もう阿寒の山々は濃い緑に覆われている。

そして息つく暇もなく、明日は待ちに待ったラビラビさんたちの阿寒湖ライブだ。
去年はアイヌシアターイコロでやってくれたラビラビさんだけど、
今年は4年前の3月以来となる、オンネチセでのライブとなる。

4年前の3月5日に阿寒湖で行われたラビラビとマレウレウとのジョイントライブは、
北見の友人、ブッチャーと俺で企画した。
(元気にしてるかい?ブッチャー)
「ライブにはぜひ、キャンドルジュンさんのキャンドルを使いたい!」
という彼の強い思い入れで、
俺たちはジュンさんが来るという夕張映画祭まで走り、
ジュンさんにお会いして、彼のキャンドルアートの物凄さに打ちのめされ、
その蝋燭をお借りして、意気揚々と阿寒湖に戻ってきたものだった。
オンネチセでのラビラビさんたちのライブの素晴らしさはもちろん、
ジュンさんのキャンドルもとても良かったと感じている。

終わって次の日は北見、そして札幌と回ったラビラビさんたちは、
3月10日に苫小牧の名店、ber oldさんでライブ。
翌日、北海道ツアーを終えたラビラビさんたちは、
本州へと下るため、苫小牧からフェリーで八戸港へ。
それは多くの人々の運命を大きく変えた、2011年3月11日ことであった。

その日の午後に起きたの未曾有の災害と混乱、
俺の故郷である岩手県も飲み込んだ破壊と悲劇は、未だに生々しい。
ラビラビさんは30分の差で、辛くも八戸港を襲った津波を免れたという。
震災以降、キャンドルジュンさんが主に福島で今なお続ける支援活動。
俺の中で、平和ボケのまどろみの中にいられた最後の時代の中で行われた、
前回のオンネチセでのライブは、こうした記憶と共にある。

今日苫小牧のoldさんでラビラビさんたちはライブをし、
明日阿寒湖へとやってくる。
ちょうど前回と逆ルートだ。
明日の夜俺は、この4年を噛み締めながら、オンネチセでのライブを感じることになるだろう。

さよなら、床さん

床ヌプリさんの葬儀、これにて終了。お疲れ様でした。

通夜はみんなで見た赤塚不二夫と床さんの番組のシマフクロウの神話みたいに美しいエピソード、うちのお父さんと藤戸竹喜さんの歌った熊彫りさんの歌、その歌に象徴されるような荒削りでエネルギッシュな一つの時代が終わりつつあるような、あったかくて懐かしいような、なんだか泣けてくるようなその場の雰囲気…通夜の晩の事はちょっと忘れられそうにないかもしれない。まあ一番初めに酔って寝ちゃったけどね…

同世代のエカシやフチたち、特にあの時代の熊彫りさんたちの中から名をあげ、床さんの死によりただ一人残ったレジェンド職人、藤戸さんの心情を、俺なんぞには勿論わかろうはずもないけれど、でもそういった一緒に阿寒湖アイヌコタンを作ってきた人々が一人、また一人と祖霊たちの元へ旅立って行く中、何を思うのだろうか、と想像するともう、なんていうか言葉にならない。

今日の告別式でデボさん松田さんのやったエムシリムセも、心に迫るものがあったなぁ。偉大な先輩、床さんに習ったエムシリムセを、その葬儀の場で舞うことになったその胸中。

州生アニキ。我々も頑張りましょう。歴史をつないで行きましょう。

Youは何しに阿寒湖へ?

実は俺にとって、
シンクロニシティ事象収集が密かなライフワークの一つなのであるが、
先日弩級の事例が発生した。
それについて記したいと思う。

ことの始まり、連鎖の入り口は、
厳密にいえば8月29日に札幌の友人に電話した時から、ということになるだろう。

8月30日に、Perfumeの真駒内アイスアリーナLIVEを見に行く予定だった俺は、
しかし一つの悩みがあった。
31日に北見であるラビラビのLIVEを断念せざるを得なかったからだ。
しかしまあ、これはどうにも仕方がない。
前日の29日に札幌へ行き、
30日土曜、LIVE終了後に即帰ってくる予定だった。
繁忙期の8月の最後の土日の土曜に休むわけである。
日曜まで休むわけにはいかない。

北見ラビラビLIVEへの未練を残しつつも、
阿寒湖出発前に、PerfumeのLIVEに行きたいというのでチケットをとってやった友人に電話した。
チケットをどう渡そうか?と彼女に聞くと、
今夜PROVOで彼女が主催するラビラビのLIVEがあるので、
郷さんは友だちと会ったりと忙しいでしょうから、
明日のLIVE前でいいです、との答え。

え?マジで?
ラビラビ今日LIVEあるの?行く!と俺は即答。
なんたるラッキー。
札幌へ行くその日に、諦めていた今年のラビラビを見れるとは。
前日入りじゃなければ不可能だった。

初めて行った、札幌にその名を轟かす名店PROVOはとてもいい店だった。
友人たちも来ていて乾杯し、
ラビラビはもちろんいつもの事だけど、
期待をはるかに超える素晴らしい音楽体験をくれた。
それだけではなく、
ラビラビの前に川上さんの披露してくれた歌とユーカラは、
それを聴きながら、俺はもしかしたら、これを聴くためにここに来たのかもしれない、と思うほどに素晴らしいものだった。
アイヌ、過去から脈々としたルーツに繋がるもの、ここにあり。
そういった感じだった。
若手で妻や絵美姉以外でそう感じることはそう多くない。
PROVOの時間は素晴らしいものだった。

そして翌30日。
PerfumeのLIVEを体験するのは、
前回の全国ツアー以来2年半ぶりである。
期待をおさえきれず、開場2時間前に真駒内アイスアリーナに到着。
遠征してきた友人たちと談笑しつつ、ドキドキしながら入場を待った。

開演15分前に指定席へ。
B3ブロック、31番。
メインステージからもほど近く、
センターステージ真横のすぐ側という、
信じられないほどいい席だった。
通路に面しているからスペースがとれ、
これなら思う存分踊って楽しめそうだ。
期待が頂点に達しつつも、
幸運すぎてなんだか現実味が無い。
ハラハラしながら10分前。
PerfumeLIVE恒例の、開始が待ちきれない奴らの手拍子が始まり、
それはあっという間に会場全体に伝染する。
地鳴りのような手拍子の中、
気持ちを抑えきれない奴らがメンバーの名前を叫び出す。
俺も声の限りに叫び、
手拍子を打ち続ける。
あと数分。
場内アナウンスが注意事項を伝え終わる。
大歓声、そして暗転。
さあ、夢の時間の始まりだ。

一発目からド太いキックと凶暴なベース。
しかし他の様々な音も決して死んでないどころか、普段とは違う音色を聴かせてくれる。
今回のPAはとても素晴らしい仕事をしていた。
ステージセットも新機軸で、こんなのが見たかった!と俺は心の中で叫ぶ。
会場を飛び交うめまぐるしいレーザーの光の中、
LIVEパフォーマンス中の彼女たちは、いつにも増して現実離れした変性意識オーラを強力で完璧なダンスと心地いい声で強烈に放射する。
最高だ。ただただ、最高だ。

恐るべき破壊力の最初の4曲を終え、
いきなりムードはほっこりしたものとなる。
それが彼女たちの得難い持ち味だ。
かしゆかが好きなテレビ番組の話を始めた。
「Youは何しに日本へ?」というその番組は、
ちょっと前にPerfumeファンの間で話題となっていた。
前のドームツアーを見に来日したアメリカ人のファンを番組が取り上げたからだ。
かしゆかの話もその回の話からだった。
いつもそうだが、熱狂のLIVEパフォーマンスの合間の、3人娘の世間話のようなおしゃべり。
話は延々終わることなく、漫談のようになっていき、観客もPerfumeも大笑い。
そしてまた曲が始まれば、アリーナの中は異界へと変化し、
俺たちはここではない何処かへと問答無用で連れて行かれる。

2時間半の夢幻の桃源郷は終わり、
友人たちへの挨拶も早々に、
阿寒湖組は夜中の2時に帰宅。
次の日は8月最後の日曜日だ。

昨夜の興奮冷めやらぬ俺は、
Perfumeの最新アルバム「LEVEL3」をかけながら仕事をしていた。
昼が終わり、夕方になればまた夕食のお客さんがやってくる。
ふらりと若いカップルが来店。
話してみると、彼氏は少々日本語ができるようだが、アジアのお客さんのようだ。

しばらくして、会計を払いにやってきた2人。
彼氏が突然、あなたはPerfumeのファンですか?と聞いてきた。
もしかして、と昨日のLIVEに行きました?と聞くと行ったという。
おお、俺も行きましたよ、と2人とまず握手。
最高でしたね、どちらからですか?香港からです、などと話をするうちに、
彼氏がチケットホルダーの中のチケットを見せてくれる。

一瞬、目を疑った。
俺の席はB3ブロック、31番。
彼らの席は、B3ブロック、42番。

俺のすぐ真横の席だ。

一万人いた真駒内の観客の、
その中の俺のすぐ横にいた彼らが、
なぜか次の日、ここにいて、俺と会っている。
奇跡的な確率だ。
鳥肌が立った。

しかも、真駒内のLIVE中最初のMCでかしゆかが話した内容は、
「Youは何しに日本へ?」の話題である。
まさに、その話題の内容そのままに、
外国からPerfumeを見るために来日したファンが、なぜか目の前にいるのである。
こんなことって、あるだろうか。
俺は札幌から360km離れた阿寒湖に住んでるんだぜ?

彼らはおそらく、残念なことに、
MCの内容はわからなかっただろう。
そして俺も動転のあまり、
君たちのような人のことを、かしゆかが話していたんだ、ということを、
彼らに伝えることができなかった。
それは今思えば、とても残念だった。
その時できたのは俺の席を伝え、
一緒に驚き、
一緒に写真を撮って握手して再会を約した、それだけだった。
ほんとうに今では心残りである。
ただ、それだけびっくりしていたのだ、俺は。

顛末は以上である。
別にそれがあったからといって、何があるわけでもない。
しかし、一見無関係なようだが、
俺が思うに、友人に電話した時から、
何らかのスイッチが入り、
偶然の連鎖が始まって、
最後にはとんでもない事が起きたのだと俺は思っている。
何の根拠もないが。

しかし人生には時に、そのようなことがどうやら起きるらしい。

夏なんです

八月。連日三十度近い気温の阿寒湖。
暑くなると、俺ははっぴいえんどの「夏なんです」が聴きたくなる。
この曲を聴くと、今よりも地面に近いところで生きていた子供の頃の灼熱の夏休みにあったいろんなことを思い出し、ノスタルジーにたまらない気分になる。

ギラギラした太陽と入道雲の下の虫取り。
田舎のじいちゃんの家の開け放たれた縁側から眺める農村の景色と刈った草の匂い。
暗い家の中のひんやりとした畳の気持ちよさを感じながらの昼寝。
小川で冷やしたスイカや採れたてのキュウリやトマトの濃い味。
線香と団扇と灯りに集まる蛾やタガメ。
お盆の準備にドキドキし、近くの寺の夜店や神楽に出かけて感じた非日常。
濃い夜の闇の中に感じた祖霊や妖怪の気配……

はっぴいえんどの「夏なんです」には、日本の少年時代の夏が美しく、永遠に封じ込められている。

http://youtu.be/z2Il0hgjs9A

「夏なんです」
作詞 松本隆
作曲 細野晴臣

田舎の白い
畦道で
埃っぽい風が
立ち止まる
地べたにぺたんと
しゃがみ込み
奴らがビー玉
弾いてる

ギンギンギラギラの
太陽なんです
ギンギンギラギラの
夏なんです

鎮守の森は
ふかみどり
舞い降りてきた
静けさが
古い茶屋の
店先で
誰かさんと
ぶらさがる

ホーシーツクツクの
蝉の声です
ホーシーツクツクの
夏なんです

空模様の縫い目を
辿って
石畳を駆け抜けると
夏は通り雨と
一緒に
連れ立って行って
しまうのです

モンモンモコモコの
入道雲です
モンモンモコモコの
夏なんです

日傘くるくる
僕はたいくつ
日傘くるくる
僕はたいくつ

プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。