FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芽吹と豊穣の精霊が支配する空間の終焉

IMG_0511.jpg



ココペリのお別れパーティーは、暖かい葬式のようだった。

乾杯の挨拶があり、各自が持ち寄った料理をつまみ、
ココペリを軸につながる人たちが、
そこかしこで談笑していた。
まるで、たまにあるココペリの飲み会のように。
ピースでアットホームで、なんとも優しい空間。
まるで阿部さんやゆりちゃんの人柄のままに。

でも私はその日、その空気が嫌だった。
どこに身をおいて、何をしたらいいのかもわからなかった。
そこでキッチンに入り、手伝いをしていたのだが、
妻が気を使い、ビールを片手に戻った。
それでもやっぱり気が重い。

こんな雰囲気なのは、みんな大人で、優しすぎるからだ。
私は、ココペリとこんな別れ方は嫌だった。
どんちゃん騒ぎか、つばを飛ばして本音をぶつけ合うとか、
要するに滅茶苦茶になりたかったのだ。

それなのにココペリに集まった人は皆、
大人でバランスがとれた人達だから、
愛と遠慮深い優しさと気遣いとが、
ココペリに満ちていたのだった。
阿部さんとゆりちゃんに対する敬意と親愛の情と共に。

やがて、参加者が一人ずつ話をすることになった。
自然と、ココペリと自分との関わりの話を皆がした。
それぞれにとって、ココペリはとても素敵な場所だった。
阿部さんとゆりちゃんと、子供達の作り出した影響は、
それぞれの心に種を蒔き、それぞれの心の中で綺麗な花を咲かせた。
まるで本物のココペリのように。

私は、自分のココペリとの関わりを話すことができなかった。
いつもはおしゃべりな私だが、
その時は自分語りが嫌だったのだ。
ボソボソと二言三言話し、外にタバコを吸いに行った。
幼稚な私は、その場に居たくなかったのだ。
皆が最後の時間を皆で作り上げている時に。

今思えば、当たり前にあったものがなくなってしまうというのに、
その場においてその事実を受け止めきれていなかった私は、
その心のギャップに苦しんでいたのだった。

その後も談笑は続き、三々五々参加者が帰っていったが、
私は誰かと積極的に話をするでもなく、
いつの間にかストーブの横で居眠りをしている始末。
気がつけば人は殆ど残っておらず、
登山家のAさん夫妻と、あと数人がいるだけだった。
阿部さんとAさんは、神様の有無について楽しく議論している。

今まで私も阿部さんと、そんな話を何度したことか!
最後までここはこうなのだ。
暖かくて優しくて、真に平和で民主的なのだ。
最後なのに、暗くて湿っぽくなどならずに、
まるでいつものココペリのように、観念的な会話を皆で楽しんでいるのだ!
私は何だか悲しくなって、勝手に腹を立て、
「そんな事は今までに何度もした話だ」と言い放った。
今ではとても反省している。

私はその夜、一人ココペリに泊まることになり、
遅くまでゆりちゃんと話をした。
こんなに長くゆりちゃんと話をしたのははじめてだった。
そして多分、最後になるのだろう。
あの日あった人達の何人かとは、もう二度と会うことはないだろう。
私たちを結びつけていた中心がなくなってしまうのだから。

私たちの人生にココペリが種を蒔き、
色々なところで芽を出したそれが、
どういう風に成長するのか。
そして十数年、阿寒町徹別から豊穣の笛を吹き続けたココペリが旅立ち、
今度は長野県で愛ある日々を人々にもたらすのか。
そういうことを考えると、確かに一刻、心が暖かくなる。

しかしココペリのことは、悲しい。
でも、阿部さん、ゆりちゃん、はるちゃん、つっくん、元気でね。
スポンサーサイト

Comment

釧路ブログ100への登録のお願い

釧路ブログ100の八幡と申します。
当方では釧路のブログを集めて釧路の良さを発信していこうという趣旨で、
釧路に関するブログの情報を収集し、リスト化させていただいております。
趣旨にご理解をいただき相互にリンクをしていただけると大変有難いです。
リンク用のバナー画像は企画概要にあります。
もしも登録を希望されない場合はすぐに登録を削除致します。
こちらのメールアドレスへご連絡ください。
kushiro100@oyna-m.com

釧路ブログ100
http://blog100.oyna-m.com/
企画概要
http://blog100.oyna-m.com/aboutus.html

>>釧路ブログ100さま
よろしくおねがいしま~す。

Come&Go

不器用な郷君だねぇ…
でも、わからなくもないよ。ココペリは私にも想い出深い場所だったよ。ちょうど位置的にも湖畔からいい感じに離れていて、観光客の喧騒を離れて、自分や土地を客観視出来る場所だったから。
行ったり来たり迷走してた姉妹を、いつも暖かく見守ってくれました。

お二人は、その人柄で、また違う土地で新しい種を蒔くんだろうね。
いや、蒔かれるのかなぁ…?
郷君は蒔いた方?蒔かれた方?


ああー春だねぇ。

花粉舞い散る高尾より

>>姉ちゃん
俺は阿部さんの持つ『絶対アーティスト性』的なキャラクターと生き方に、
自分にはないものを持つ人に対する羨望を感じて惹かれていたと同時に、
浮世離れした父親に反抗する息子のような気持ちをずっと抱えながら阿部さんに接していた。
つまり阿部さんを乗り越えるべき『仮想父』みたいに感じていたんだけど、
でも阿部さんは本当に優しくて、本当に世話になっているんだよね。
ゆりちゃんは同い年ぐらいだけど、やっぱり本当に優しくて、
頭が良くて、しっかりしていてさ、
お母さんみたいでっていったら怒られちゃうけど、
でも、ふたりとも好きだった。

俺にとってもココペリは避難場所みたいなところだったけど、
どっちかっていえば、種を蒔かれた方だろうな、やっぱり。
漠然としか分からないけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

懐かしいな。
長野で子どもさんも大きくなったかな。
つくしくんは高校生か。
非公開コメント

プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。