スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから4年

記録的な大雪の冬も終わり、
打って変わって暖気の4月5月には急ぎ足でいっぺんに山菜が生えてきて、
バタバタと山菜採りに追われた春も峠を越えて、
もう阿寒の山々は濃い緑に覆われている。

そして息つく暇もなく、明日は待ちに待ったラビラビさんたちの阿寒湖ライブだ。
去年はアイヌシアターイコロでやってくれたラビラビさんだけど、
今年は4年前の3月以来となる、オンネチセでのライブとなる。

4年前の3月5日に阿寒湖で行われたラビラビとマレウレウとのジョイントライブは、
北見の友人、ブッチャーと俺で企画した。
(元気にしてるかい?ブッチャー)
「ライブにはぜひ、キャンドルジュンさんのキャンドルを使いたい!」
という彼の強い思い入れで、
俺たちはジュンさんが来るという夕張映画祭まで走り、
ジュンさんにお会いして、彼のキャンドルアートの物凄さに打ちのめされ、
その蝋燭をお借りして、意気揚々と阿寒湖に戻ってきたものだった。
オンネチセでのラビラビさんたちのライブの素晴らしさはもちろん、
ジュンさんのキャンドルもとても良かったと感じている。

終わって次の日は北見、そして札幌と回ったラビラビさんたちは、
3月10日に苫小牧の名店、ber oldさんでライブ。
翌日、北海道ツアーを終えたラビラビさんたちは、
本州へと下るため、苫小牧からフェリーで八戸港へ。
それは多くの人々の運命を大きく変えた、2011年3月11日ことであった。

その日の午後に起きたの未曾有の災害と混乱、
俺の故郷である岩手県も飲み込んだ破壊と悲劇は、未だに生々しい。
ラビラビさんは30分の差で、辛くも八戸港を襲った津波を免れたという。
震災以降、キャンドルジュンさんが主に福島で今なお続ける支援活動。
俺の中で、平和ボケのまどろみの中にいられた最後の時代の中で行われた、
前回のオンネチセでのライブは、こうした記憶と共にある。

今日苫小牧のoldさんでラビラビさんたちはライブをし、
明日阿寒湖へとやってくる。
ちょうど前回と逆ルートだ。
明日の夜俺は、この4年を噛み締めながら、オンネチセでのライブを感じることになるだろう。
スポンサーサイト

3つのトライアングル

4年前の7月8日、Perfumeの傑作2ndアルバム「⊿ トライアングル」が発売された。記念日の今日は店でずっとこのアルバムを聴いていた。CDは通常、発売日の前日に店頭に並ぶので、4年前の俺は7月7日に釧路に走り、このアルバムを期待を胸に買いに行ったものだ。

しかし一般的には7月7日は七夕の日である。よく知られているように、天の河によって隔てられた織姫星と彦星が、1年に1度だけ河を渡り出会うことができる日である。

しかしヨーロッパでは当然の事ながら、織姫星と彦星には別の名前がある。それぞれこと座のベガ、わし座のアルタイルという名前のこれらの星は、夏の夜空に輝く有名な3つの星「夏の大三角形」のうちの2つの星である。ベガとアルタイルの間に天の河があるわけだ。

つまり4年前の7月7日の七夕、夜空に織姫星と彦星を擁する夏の大三角形が輝くその日に「⊿ トライアングル」という名のアルバムが世に送り出されたわけだ。偶然だとしてもロマンチックだし、なんだか少し神秘的ですらある。

そしてあくまでそういった視点でみた場合の話ではあるが、昨日の7月7日、もう1つの三角形がヨーロッパの地図に加わったのである。

Perfume史上初にして宿願のヨーロッパツアーは、昨日のパリ公演で大盛況のうちに千秋楽を迎えた。今回ヨーロッパでLIVEを行ったのは3都市。ドイツのケルン、次がイギリスのロンドン、最終日の昨日がフランスのパリである。

この日程を初めて聞いた時、少々違和感を覚えた。世界の音楽の中心的発信地の一つであるロンドン、日本文化愛好家の多いフランスの首都パリは理解できる。それにどちらもヨーロッパの大国の首都だ。しかしならばなぜ、ヨーロッパ最大の経済大国ドイツでは、首都のベルリンではなく、都市人口第四位のケルンで行ったのか、と疑問に感じたのだ。

この疑問に面白い視点である種の答えを与えてくれるのがTwitterで見つけたこの三つの都市を線で結んだこの図である。



ほぼ直角二等辺三角形に見える。ケルンでなければこの形にはならない。そしてこれにとてもよく似た形を、Perfumeファンは知っている。前述したPerfumeの2ndアルバム「⊿ トライアングル」である。



ちなみに「⊿ トライアングル」発売を期に行われた全国ツアーのタイトルは「直角二等辺三角形ツアー」であった。

さらに言えば、彼女たちを待ちわびていたヨーロッパのファン達に出会うために日本からやってきて、ロンドンからドーバーを渡って7月7日にパリ公演を行ったPerfumeは、七夕に織姫と彦星が天の河を渡って出会うという伝承を彷彿させなくもない。

つまり、昨日の7月7日は、音楽と天と地上の3つのトライアングルが、3人組のPerfumeを中心とした縁によって結び付けられた日と捉えることができる。単なる偶然のこじつけかもしれない。だとしても、とてもエキサイティングな偶然だ。

至高のPerfume体験

7/5の閉店後夜22:00。
釧路のPerfumeにガチな男たちが、翌朝4:00から札幌ファクトリー・ユナイテッドシネマ札幌で挙行されるPerfumeの初のヨーロッパツアーロンドン公演のライブビューイングに参戦する為、阿寒湖を出発した。

ガソリンの不安から音更まで下を走り給油を済ませ、そこからは高速で一路札幌へ。時間が時間だけに車も少なく、スムーズに7/6の2:00には現地到着。
着々と集まってくる同じようなガチな人々と逸る気持ちを抑えながら、開演を待つ。

繰り返すが、朝の4時である。それなのに、4~500名は入る会場は満員。これは予想外だった。もっと閑散としているものかと思っていたが、やはりPerfume恐るべし。
それとも、俺と同じく、彼女たちの初のロンドン公演をどうしても目撃したいという、積年の熱い想い故なのだろうか。

予定時刻をちょっと過ぎ、現地の映像がスクリーンに映し出される。歓声が上がる。現地でPerfumeの登場を待ちきれない観客が手拍子で催促を始める。同じく映画館内でも始まる。さあ、いよいよだ。この手拍子からもうPerfumeのライブは始まっている。

現地でアナウンスが入り、会場暗転。画面の中と札幌仙台東京大阪名古屋福岡日本全国津々浦々、香港台湾シンガポールバンコク、ロスやメキシコブラジルの観客が世界中で同時に雄叫びと歓声と興奮の声を上げる。世界中でスイッチがオンになる。

暗闇の中、三つの白い何かがステージに現れる。絶叫。しかし、そこから始まったパフォーマンスは、世界中の観客をただの目に変えた。

カンヌで披露された、あれだ! だが、高音質高画質大画面によって眼前に展開されたそれは、俺の想像をはるかに超えていた。
三人の上に映し出される圧倒的プロジェクションマッピングは、完全に三人をこの現実世界とアニメやバーチャルリアリティの非現実的存在の間を行き来する正体不明の驚異的な何かに変えた。そこに確かにいるのだが、手を伸ばしたらコンピューターのモニターの中に消えてしまうかのようであり、モニターの中に入り込んだ自分の手が非現実の実態を掴んだ拍子に、自分も実は非現実の存在であると感じてしまうようでもあり。
しかし音楽に合わせてマッピングが切れ、彼女たちが動き出すと、途端に観客は爆発する。静から動、電子の世界から受肉した彼女たちによって我々も肉体の衝動につき動かされる。
つまり彼女たちのパフォーマンスは、一瞬にしてあっさりと強力に、我々を非日常の祭典空間へと連れ去ってしまったのだった。

そして一曲目は最新曲Magic of Love。大歓声を上げハンズアップし踊り出す観客。しかし、今日の三人の仕上がりぶりはとんでもない。完璧だ。
爆音で流れるワンアンドオンリーな日本のポップスに合わせて長年の修練の頂点ともいえる圧倒的ダンスを細密かつダイナミックかつ高速で披露する三人を、バックショットで映し出したシーンで嬉しさのあまり涙がこみ上げる。ロンドンの客が圧倒され、陶酔し、歓喜の叫びを上げてフロアで踊り狂っている。なんて素晴らしい光景。これをずっと見たかった。世界がPerfumeで踊る姿を目撃するのを俺はずっと待っていたのだ。それが目の前にあったのだ。これが泣かずにいられようか。

それから彼女たちはひたすら最新曲で観客を圧倒する。ユニークで日本的でかっこいい楽曲に合わせて信じられない精度のダンスを繰り出す黒髪の三人の日本人女性たち。世界よ、これがPerfumeだ!

だいじょばないで踊り狂いながらも目が点になり、スパイスに圧倒され、ポリリズムでまた泣かされ、SEAVENTH HEVENに心を奪われ、Dream Fighterに歓喜し、PTAで笑いながらもホームでのWe Well Rock You大合唱で痺れ、心のスポーツで多幸感を味わい……
これを世界中で同じ時に、Perfumeを好きなみんなが一緒に体験していたって、本当に信じられない。

アンコールは観客のリクエストでGLITTER。俺の中では震災追悼曲として特別な一曲なので、これに決まった時は嬉しかった。
祈るような仕草で始まるこの曲は、約束を果たすその日まで私たちは泣かない。その事を思い出すよと歌う。
今夜はその歌詞に、かつての自分たちの夢への約束、そして海外進出を宣言した自分たちの、日本のファンへの約束への決意が込められてるように感じて、また涙。
愛と感謝と深い満足の中、彼女たちのロンドンLIVEは終わった。

終わってから思うのは、世界の大衆音楽の中心であり発信地であるロンドンでの初の公演を世界に配信した、その重要性である。
万が一ロンドンのオーディエンスの反応がしょっぱいものであった場合、それが配信される事は今後の活動のダメージになり得る。やはり日本人は世界に出る事は無理だったとたやすく言われてしまうだろう。
しかし彼女たちとチームは万全かつ完璧かつ素晴らしい音と演出とパフォーマンスで、その大舞台で大成功を収めた。本当に胸がすく想いだ。そして、この高度なプロジェクトによる偉大なチャレンジの成功が今後の活動に必ず良い影響を与えると俺は信じる。万歳!万歳!万歳!!!

Perfumeの皆さん、そしてチームの皆さん、本当にお疲れ様でした。身体に気をつけてパリ公演も頑張って下さい。そして、本当にありがとうございました!ニューアルバムも本当に楽しみです! Perfume最高! We Love Perfume!!!

クリスマスの奇跡

文章は時に虚しい。
特に、奇跡としかいいようのない出来事を、
後から伝えようとする場合には、特に。
だからリアルタイムの報告を、もし宜しければ見ていただきたい。

わかりやすいのはこっち。
http://d.hatena.ne.jp/kazzwatabe/20091224/1261683822

当事者に近く、より熱いのはこっち。
http://tofubeats.blog107.fc2.com/blog-entry-235.html

んでもって、ちょっとだけど、その時のUSTREAMの模様。


見てのとおりの八畳間一人DJ。
文字通りのワンルームディスコである。
通常ならば知り合い+αが楽しんで終わりなはずだったそれはしかし、
twitterでのいとうせいこう氏のツイートがキッカケとなり、
丑三つ時をとっくに過ぎた時間にもかかわらず、
国内最大級のクラブの収容人数を遥かに超える人々が、
リアルタイムで何時間もの間、熱狂するに至る。
日本中のそれぞれの部屋の、パソコンの前で。

俺はその寸前までのせいこう氏のツイートチェックしてたのに、
子供が新型インフルエンザでそれどころじゃなくて観れなかったけど、
(つーかその後で家族みんなに広まる始末)
それでもなお、翌朝に知って死ぬほど後悔した。
こんなすごいことが、しかも自分の手に届くところにあるなんて、
殆どありそうにないと思っていたから。
前回のRATMの事も、所詮イギリスのことだしな、なんてどこかで思ってた。
でも実は見落としてるだけで、実は結構、あることなのかも。
ほんとに、実は身の回りに。

しかし今年のクリスマスは、音楽的に、
イギリスと日本というユーラシアの両端の島国で、
同時多発的に業界のシステムを揺るがしかねない奇跡が起きたという意味で、
歴史にいずれ重視されることになるかもしれない。
そんな訳なので、最後は前回のブログにも登場した、
RATMの感動的なお言葉とBBCライブ映像で締めさせていただきましょう。


 今回の歴史的な狂騒からは多くを教えられたが、
 最も重要なのは以下の一点につきるだろう。

 ごく普通の人々であっても、かたく強い絆を互いに結ぶことによって、
 すべてを変えることができる。
 それがポップ・チャートであろうと、この世界であろうと。


 –Rage Against The Machine, December 21, 2009


RATM! すげー!快挙!

『Rage Against the Machine、UKチャートを制覇』

http://www.rockmusicfan.net/archives/2906

顛末は上のリンク先のRockMusicFan.netさんで見てください。

なんていうか、すごい。
日本で例えるなら、何か。
2chかTwittrで有志の運動が行われ、
掃いて捨てるほどある『粉雪が~』とか歌う歌詞のタイアップクリスマスソングをさしおいて、
キヨシローの『偽善者』とかがオリコン一位になり、
紅白歌合戦でバコーンと炸裂させるようなものか。
はっきり言ってあり得ない。

まあとにかく、
『イギリス在住のジョン・モーターさんとトレイシー・モーターさんという30代半ばの夫婦。』
この人達は偉い。
そしてRATMのコメントは素晴らしい。
(特に最後は感動的!)
そしてFacebookやTwitterなどの、
インターネットのコミュニケーションツールの可能性はすごい。

という訳で、私も最近Twitter始めたんですが、
面白いのでみんなでやりましょう。


RATMのPV。ウォールストリートでのゲリラライブ
監督 マイケル・ムーア(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=Jz8wU9DdbqU

Wake Up  パンク映画 MATRIXのエンディングテーマ



おまけ ファンキーでカッコよすぎな後期キャンディーズ

プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。