スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの木の話

およそ八百年前に
鎌倉の鶴岡八幡宮の境内に
小さな銀杏が芽を出した

その銀杏は成長しながら
人間世界の様々なドラマを目撃する

公暁が源実朝を待ち伏せして殺す現場を見た

里見氏に鶴岡八幡宮が焼き討ちにあい
北条氏によって再建されるのも見た

秀吉が頼朝像の背中を笑いながら叩くのを見た

徳川幕府による神社の隆盛とその後の廃仏毀釈を見た

関東大震災で本殿が倒壊するのを見た

様々な時代の様々な人間たちが参拝に訪れるのを見続けた

いつしか銀杏は大銀杏と呼ばれ神木となり
しめ縄を巻かれて鶴岡八幡宮のシンボルとなった

年老いた大銀杏はしかし
平成22年の強風でついに倒れる
三つに切断されて一部が移植され
今もなお境内で生き続けている


その大銀杏が芽を出した頃

遥か遠いアイヌモシリの
アカントーの畔の森の中で
小さな桂の種が芽吹いた

しかし境遇は大銀杏とはまるで違い
人跡未踏の深い森の中で
その桂の木はひっそりと
スクスクと大きくなって行く

動物たちや鳥たちや虫たち
様々な種類の木々や植物や微生物
ごく稀にやってくる人間たちの盛衰と循環のダンスを
深い森の中でその桂は見続けた

やがて辺りにその桂よりも大きな木がいなくなってしまっても
桂を神木と呼んだり
しめ縄を巻いて崇めたりするものはいない

大銀杏が倒れても
元気に立ち続けるその桂の木は
これからも深い森の中
辺りに威容を放ち
森の生と死の循環のドラマを見続けるのだろう
やがて自らも倒れてその循環の一部となるその時まで
スポンサーサイト

ユクと歩むキト

北海道の長い冬に春の兆しが訪れた
昼は次第に長くなり
気温がゆっくりと上がり
雪が次第に溶け始める
水へと変化した雪は低い場所へと集まり
せせらぎの水量は日に日に増えてゆく

雨が降りだすと変化は急速になる
日々森の景色は姿を変える
まだ雪のある清流に顔を出したふきのとうが伸びだす頃
様々な植物の季節が爆発的に幕を開ける

ある日の奥山の小さな清流の畔に
一粒の小さな種が落ちた
それはキトの種であった

春を感じて発芽したそのキトは小さな根を伸ばし
太陽の光を利用し
根から吸い上げた水と土の中の身体の元を変換して栄養に変え根に蓄え
やがて一枚の小さな葉を生やした

夏にはその小さな葉は腐り落ちて分解され
キトの根が利用可能な養分になる
やがて夏が終わり
再び足早に北海道に長い冬が訪れるときに備え
小さなキトの根は次の春に備えてその栄養を蓄え
沢の畔の土の中でじっと息を潜めるのだ

次の春に伸ばした葉は少しだけ大きくなっていた
それは去年よりも多くの栄養を根にもたらした
夏に落ち分解された葉の一部はまた根の養分となり
水とともに流れた回収できない成分は
下手の土壌をキトの生育に適したものへと少しずつ変えていった

何年もかけて少しずつキトは大きくなって行き
葉は一枚から二枚
そしてついには三枚となり茎は太くなった
ある春に
キトの葉の間から
淡く赤い鞘が長く伸び出した
夏に花を咲かせるであろうそれは
やがて自らがそうであった小さな黒い種子をたくさん周囲に落とす
何年も何年もかけて
キトがついに母になる日がやってきたのだった

太陽と水と土の栄養と
そして自らの身体から作られた土壌に
キトの子供たちは次々に増えていった
やがて周りの子供達も母となり
その一帯にキトは繁茂していった

ある年の早春に
キトたちの所に一頭の立派なユクがやってきた
下流のユク達の道が雪解けに地すべりで崩れ
彼は新しい道を探し
この沢へとやってきたのだった

生え始めたばかりの柔らかいキトの葉を
糞を落としながらユクはつまむように食べた
その時偶然に
そのユクの蹄の間に
まもなく発芽を迎えるはずだったキトの種が
土と一緒に押し込まれた

ユクはキトの葉をつまみ終えると
その沢の奥へと歩いて行った
ふとした拍子に
キトの種は母たちから離れた上流の柔らかい土の中に
蹄に押し込まれて埋もれた
そして間もなく新しい小さな一枚の葉をそこで生やした

やがてその沢はユク達の通り道になった
ユク達はキト達の葉をつまんで
かつてはキトの身体だったものと
それ以外の場所の様々な植物の身体の一部を
キトや他の植物や様々な菌類や昆虫達が喜んで利用できる形にして
その沢筋のあちらこちらに排泄物として落としながら歩いた

時にはユクはその沢筋で死んで
その近辺の小動物や昆虫や菌類の栄養となり
またそれらの様々な生き物たちの排泄物や
死体のそばで行われる活動と淘汰と食物連鎖のもたらす全てが
生と死の循環が様々な形で移動しながら
しだいにその沢筋の土壌や水をより豊穣なものへと変えていった

やがて誰も知らない程の世代を経て
キトとその子孫たちはその沢筋全体に繁栄した
更に幾世代も過ぎるうちに
沢の上流にある山の尾根や
その尾根を超えた所にある様々な沢
笹原の中
岩場の岩の上の土を幾世代も歩き続け
旅を続けるあのユクの子孫たちによって
しっかりと形作られた獣道にそって
キトの子孫たちは広がっていった
目的も意図もなく
しかし着実に生命はより豊かに広がり続けるのだ

その関係は
いつ始まり
そしてどちらが先かは誰にもわからない
しかしこの世界が終りを迎えるその時まで
様々に形を変えながら
かつてのキトとユクだったのものは
生と死の循環の中で永劫の旅を続けるのだろう

Debut!!!

マツネシリ(以下マ)「どーもー、マツネシリでーす!」
ユックランヌプリ(以下ユ)「どーもー、ユックランヌプリでーす!」
二人「二人合わせて・・・」
マ「マツネシリーズで~す!」
ユ「マッチャンユクチャンで~す!」

二人「・・・・・」
マ「って、ちょっとあんた、そこは合わせて行かないとダメなんでないかい?」
ユ「・・・いや、だって女神様、話し合いではマッチャンユクチャンで行こうって事に・・・」
マ「(小さな声で) 空気読めや・・・」
ユ「は?」
マ「だから空気読めって言ってんだって・・・!」
ユ「空気嫁? ・・・ちよっと、いくらなんでもこんな所でひどいんじゃないですかね。いくら私が独身だからって。
そりゃね、寂しい夜には膨らましますよ、その、ダッチワ・・・」
マ「違うってこのド変態! そうじゃなくて、私に合わせろって言ってんの! 私は女神なのよ! 空気を読んで合わせてっていう事!」
ユ「ああ、そういう事ですか・・・。恥ずかしいなあまったく。わかりましたよ、それじゃあもう一回行きます?」
マ「行きましょう。こんどはちゃんとやるのよ。」

マ「どーもー、マツネシリでーす!」
ユ「どーもー、ユックランヌプリでーす!」
二人「二人合わせて・・・」
マ「マツネシリーズで~す!」
ユ「聖子ちゃん2号で~す!」
マ「・・・ちょっと、今度はなんなのよそれ!」
ユ「え?、だから私の空気嫁の名前ですが・・・」
マ「ドアホ! もうあんたとはやってられへんわ!」
二人「どうも、ありがとうございました~。」

【注意】このお話は、実在の山々などには全く関係がないなどと、誰に言えるでしょう・・・

白昼サイケデリア

湖の上の仕事が終わり、店に復帰してはや一週間。

この三カ月近く、ずーっと外で肉体労働していたので、
いまいち調子が狂いっぱなしだ。
ヒマな店内にずーっと一人でいると、余暇を善用しようという気にもならない。
自分でも困ったもんだと思うが、忙しい方がましだ。

おとついも、だれか来ないかなー、
なんて思いながら待ちぼうけで空想にふけっていると、
おお、常連さんのイシカワさんがご来店。
おひさしぶりです。ありがたや、ありがたや。
ついつい盛り上がって、その日は夜中まで一緒に飲んでしまった。

常連のイシカワさんの趣味は運命学の探求である。
毎日自分の手相をみるらしい。
一昨日は、私の手を取り、難しい顔で眺めた後、
なんだか言いよどみながら、意訳すれば、
まあ悪くないんじゃないか的なことを話し、
その後、「あんたにも見込みがありそうだ」と、
何故か手相の本をくれた。

昨日も、それなりな昼を過ぎれば、たいそう暇だったので、
日がなその本を読みながら、自分の手相をみるのだが、
どうも私は、このままでいくと、成功も出世にも縁がないばかりか、
どうやら健康にも難がありそうである。

自分の見立てでは、私は何らかの計画が中年あたりで大失敗をし、
感情制御の失敗の結果、晩年は不幸であり、
おまけにどこか遠くへ放浪、或いは追放され、
老後は異郷をさみしく彷徨うようである。

おまけに女性問題の相があり、
空想・妄想に耽りがちであり、
おまけに内臓と呼吸器官が弱くなりそうであり、
おまけに痛風の心配があり、
おまけに高血圧で脳溢血の心配があり、
おまけにリュウマチか心臓病か、
うつ病かインポテンツになりそうである。

なんてこった。
このままではまずい。
ただでさえ、ハゲ・メタボ・貧乏の三重苦なのに、未来も暗いとは。
何とかしなくては。

しかしこの時、私の脳はこのような現実を受け止めることができず、
問題に対処しようと働き出す間もなく、スリープモードへと移行した。
(単に難しい本を読んで眠くなっただけでは・・・by心の声)

カウンターに座りながら、観たことだけは憶えている白昼夢は、
かなりいや~な、ドロドロに混乱した内容であり、
隣のヒラマさんに起こされたとき、
熱の寝汗のようにシャツが濡れていたのだった。
久しぶりのバッドトリップである。風邪でもひいていたのかもしれない。

こんな時は、すぐにでも寝たいところだったが、
それはやっぱり店にはいないといけない訳で。
その後の、勤務時間の長いこと。

今朝になっても、なんだか体がだるく、肩がこり、頭もすっきりしない。
それなのに、得体のしれない焦りのようなものだけが、
胸の中を不快に動き回っている。

このようなとき、私は極端な行動に出る。
近所の山に登ることにした。
とりあえず、運動不足だけは解消しなくては。

スノーシューを履いて雪の上に出てみれば、
何が自分に足りていなかったのか、
少なくともその一つが、ただちにあっさりと、体に降りてきた。

快晴で完璧な輝く青空を、
天才的造形美の雲たちが、春の初めの強風に流れて行く。

足もとの白銀の上を、
それぞれの理由で歩き回った様々な動物たちの足跡が、
多様なパターンでしるしを描くのを目で追えば、
これらの存在たちを神格化し擬人化し、
『彼ら自身が語る物語』として、
営々と口承で伝えてきた人達のありようを想像し、
自分とのあまりの違いを思い知らされる。

まったく自分しか人間がいない森の奥では、
数年ぶりに会ったダケカンバの巨木や、
落雷を生き延びたグレートなオンコを前にしても、
その素晴らしさに全面的に感激することができない。
臆病な私は常に、
周囲のちょっとした動きや音に、いちいち敏感に反応してしまう。

頭の半分は、こんなにもうまい空気を呼吸できることを喜び、
青空の美しさに感激し、
眼下に広がる阿寒の森と真っ白い湖の雄大さを誇らしく感じながら、
一方では、どこかで歩き回っているであろう、
カムイの気配に、絶えず恐怖を覚えている。

そして同時に、阿寒湖畔で暮らしているとはいっても、
こんな状況ではどうしようもなく無力で、
虚勢をはり、大声を出すのがせいぜいな現代日本人の私は、
そんな状況、おびえずにはいられない自然の中に、
逆に強力な快感を感じてしまうのだ。

人間を超える者の存在感がもたらす、この畏れと安心感。
こんな感覚があったなんて、阿寒湖に来るまでは知らなかった。
こんな非日常的な快絶が、いったい他にあるだろうか。

吐く息も荒く頂上を越え、ちょっと下ると、辺り一面ダケカンバの森に出る。
どこまでいっても白い木々の森が、一寸切れた眼前に、
雌阿寒岳の、白く美しく、まこと神々しい威容が見える。
足を止めて阿寒の女神を眺めれば、
風が止まった森の中で、一瞬、すべての音が止んだ。

熊の存在を忘れる。私は一人でこの森にいる。

しかしすぐに、春の風が白樺の森を揺さぶり始めると、
正午近くの太陽が輝く完璧な青空の下で、
白く輝く森の木々が、枝や白い外皮を動かして、
あっという間に私の周りは、カサカサ、ざあざあ、さわさわ、なんて感じの、
なんとも曰く言い難い音に満たされた。

くさい表現だが、私には、ダケカンバ達が、
一斉におしゃべりを始めたように思えた。

膨大な木々の織りなす、ホワイトノイズ・オーケストラ。
私は、怖さを忘れ、しばらくの間、ノイズの海に浸ることができた。
極上の、白昼のサイケデリア。

アドの旅

有史以来、人間の家畜として、狩りのパートナーとして、そして家族や友人として、
人間社会と共に生き続ける『犬』は、
その必要性に応じて、長い時間をかけた『改良』の結果、様々な品種が存在するに到った。

日本列島においても、時に自然に、時に人間の移動と共に、或いは時に交易品として、
いつしか多くの犬が暮らすようになった。
様々な種類の犬が買われ、飼われ、生きるようになる。

二十世紀末、日本列島のどこかで、一匹の雄の犬が生まれた。
賢くて温厚で可愛らしい、金色の長い毛をもつヨーロッパ生まれの品種である、
そのゴールデンレトリーバーの子犬は、その優れた遺伝的特性を買われ、
やがて『アド』と名づけられ、日本政府の備品となった。

北海道の空の玄関・千歳空港にやって来たアドは、
岩手県の高校を出たての、若い人間の、税関職員の女と出会った。
アドも彼女も、千歳空港の税関で、政府の仕事をするべく訓練を受けた。
アドは麻薬犬として。
女はアドのハンドラーとしてである。
アドにとっても彼女にとっても、これが最初の仕事だった。

アドは賢い犬だったが、ストレスに弱い犬でもあった。
アドの主人も、生真面目な、責任感の強い女性だったが、
それだけに、なかなかうまく行かない自分達パートナーの訓練結果に悩む日々が続いた。
飼い主の心理は犬にも伝わる。悪循環もあった。
しかし、そのうちに彼女達の努力は報われ、一人と一匹は空港で働く事になった。

そんな仕事の毎日も、アドが六歳の時、終わりを迎える事になる。
ストレスに弱かったアドが、空港の仕事での緊張に耐えられなかったからだった。
温厚なアドへのダメージは、自身の体へと向かった。
円形脱毛症から、胃潰瘍まで症状が進んだ時、人間たちは、アドを仕事からはずした。

仕事をしなくなったアドは、しかしそれでも政府の備品である事に変わりはなかった。
生き物だろうがそうでなかろうが、用済みになった政府の備品の運命は二つ。
『払い下げ』か、『廃棄処分』である。
ハンドラーが引き取るという結果も多いが、しかしそれが全てでもない。
貰い手のない『備品』の運命は、最悪の場合『薬殺』である。
しかもアドの場合、通常よりも早く仕事をリタイヤしたというハンデがあった。
そして、まだ若く独身で、官舎住まいの彼女には、
アドを飼うための場所も、経済的余裕もなかった。

そこで彼女は、阿寒湖に住む兄に、アドを飼えないかと相談をした。
犬を飼う経験を持たなかった彼女の兄は、深く考えないで簡単にOKした。
彼が一緒に暮らす妻の一家は、その前年まで犬を飼っていたので、
きっと犬好きだし、同意してくれるだろうと。
事実、同意はしてくれた。アドの境遇を話して、説得をした結果ではあるが。
そしてアドは阿寒湖へとやって来た。2001年の事だった。

空港にいたときのアドは、毎日シャンプーとブラッシングされて美しく、
体調管理も完璧に行なわれていた。
しかし道東の大自然の森の中の家に飼われる様になってから、
アドは見る見る自然の状態に戻っていった。
春の山菜採りに一緒に行けばダニに食われ、
湖に散歩に行って泳げば泥まみれになり、長い毛はもつれて固まった。
新しい飼い主のまったくの無責任は、更にそれに拍車をかけた。
あっという間にアドは、かつてのアド、美しい金色の麻薬犬のアドではなく、
たまの散歩を待ちながら、万年床のわらや土の上でごろ寝をする、古い毛布のようなアドになった。

新しい主人は気まぐれで、散歩や登山や山菜採り、キノコ採りにアドを連れ出した。
何もかも、アドにとって見れば初めての経験だった。
そこはありとあらゆる生き物がいて、色々な初めての匂いに満ちた世界だった。
他の犬、色々な植物、様々な動物や昆虫の痕跡やフンの匂いの世界。
最初は、近所の犬や野生の鹿を見ても、
本能より訓練が勝ち、無反応を装ったアドだったが、
そのうちに自然と、他の犬のお尻の匂いをかいだり、
鹿を見ればちょっとだけ追いかけることをおぼえた。
森の中、熊の気配と匂いに、主人と一緒に恐怖と緊張も味わった。
キトピロ探しに奥山へと分け入ったり、
一家の子供たちと岩ツツジの実を採りに行ったり、
雄阿寒だけのてっぺんにコケモモの実を採りに登ったり、
キノコ採りに行って森の奥で道に迷ったり。
楽しい日々があった。

それから毎年、そうしてアドは阿寒湖の森の中を歩き回った。
冬には凍った湖の上も歩いた。
近所のライダーハウスのラブラドールレトリーバー『シロ』と、友達になった。

そうしてそれから七年後の十一月、すっかり弱ったアドは、
毎日餌を与え続けた一家の父の敷いたわらの上で、寒い夜に死んだ。
シロが最初にアドの死を知り、シロの主人がアドから首輪をはずし、傍らに置いた。
阿寒湖での飼い犬としてのアドの生は、その時、終わりを迎えたのだった。

次の朝、父と義理の息子は、アドを阿寒の森の中に埋葬した。
そこは地熱が高い場所だったので、まだ地面が凍っていなかったからだ。
しかし、たとえ暖かい季節だったとしても、主人は森の中にアドを埋めただろう。
彼は山菜や鹿肉やキノコなど、自然の恩恵を受けて日々暮らしているので、
いつかの自分の死も、そういった自然の循環の中にある事を望んでいたからだった。
そうしてアドは深い森の中の、イタヤカエデやナラの木に囲まれた、
二本の大きなエゾマツの間で、ふかふかした腐葉土の穴へと埋められた。

マイナス25度にも達する阿寒の冬の間は、変化は押さえられていたが、
春になり、地熱の上昇と共に、地中の微生物の活動は徐々に活発になっていった。
目に見えない生き物たちはアドの体を見つけ、エネルギーへと変換した。
こうしてアドの一部は微生物たちになり、捕食の結果、さらに大きな微生物の一部にもなった。
そのうちに一次分解者の昆虫たちもアドの一部を取り入れ、
キツネや鳥たちや、もしかしたら熊も、アドだった部分を体に取り入れた。
周りのエゾマツや柏ナラなどの森の木々も、一部がアドになった。
同時に、アドは周りの木々や動物や昆虫たち、目に見えない生き物や微粒子になった。

そして昨日の事だ。
久しぶりに、犬だった頃のアドの元飼い主が埋葬場所を訪れてみると、
生命に溢れる夏の緑の森の中で、
その場所はくぼみ、その中に、アドの骨が見えていた。
きれいな、真っ白な骨だった。
生きていた頃、彼を悪戯にかんだアドの牙を、彼はそっと触れ、楽しかった時の事を思い出した。
そして、手を合わせながら彼は思った。
お前は森になったんだな。
『俺がお前を食べる時、俺はお前になり、お前は俺になる』
その輪の中に、お前はまた、戻っていったんだな、と。

そしてこれからも、いつまでもアドの一部は、
木になったり、人間になったり、虫になったり、石になったりしながら万物の中を流転し、
時の終わりまでも旅を続けるのだろう。
もしかしたらその一部はまた犬になり、
今度はもっといい飼い主とめぐり会い、もっと喜びに満ちた生を送るのかもしれない。
そう願わずにはいられない。

(ウイリアム・プルーイットとアドに捧げる)
プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。