スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い影

昨夜twitterで怖くてとても面白い話を読んだ。
 
http://s.ameblo.jp/tsurugimikito/entry-12192236274.html
 それに触発されて昔実際に俺が経験した話を書く。友人たちは聞いたことがある話だとは思うが。十年ほど前の、ある夏の夜の話である。
観光シーズンの阿寒湖の夜は遅い。皆の仕事が終わったある日の夜中、気晴らしに当時うちの店で働いていた小沢君、そして向かいの土産物屋で働いていた平家君と俺で、車で二十分ほどの場所にある、とある山の中にある広い駐車場へと、星を見に出かけた。
その場所は本当に山奥で、周囲十kmは人工物も人家も灯りも何も無い。新月ならば真っ暗闇で、晴れたらびっくりするぐらいの満点の星空を見ることができる。その日もそんな夜だった。
到着したらドアを開けて真っ暗闇の中でカーステレオで音楽をガンガンにかけ、ビールを開けて乾杯し、あとはそれぞれ濃密な暗闇の中で、思い思いに踊ったり、寝そべって星を見たりしてしばらく過ごしていた。
すぐ側に誰かがいても、かろうじてわかる程度の暗闇の中、俺たちはそれぞれ闇の中に散らばって、星と音楽と自由を満喫していた。十km四方に他の人間などいない山奥で、濃密な立ちこめて目の前に膜でもあるかのような闇の中、誰が何をしようと誰にも咎められない圧倒的な開放感の中で踊る。そのうち少しだけ目が慣れてきたのか、目の前にある筈の国道の方に、誰かがいるような黒い輪郭が見えた。俺と同じようにユラユラと踊っている。
誰かが楽しそうにしているのはこちらも楽しくなるものだ。ニヤニヤしながらクルクル回って踊っていると、すぐに、確かに真横に友人二人がいるのがわかる。小沢君も平家君も、座って星を見ているようだった。
驚いて国道の方を見れば、さっきの黒い影はまだそこにいた。人間の形をしているが、なんだか形のバランスがおかしい。相変わらずユラユラと、まるで水中で揺れる昆布や水草のような感じで、踊っているような、何とも言えない動きを続けている。
しかもよく見れば、周りに同じような黒い影がたくさんいる事に気付く。ある影は横たわるように、ある影は座っているように見える。多くは立ってユラユラと踊っているのか動いているのか、とにかく動き回り、真っ暗闇の中から現れたり消えたりしている。
一瞬パニックになりかけるが、そこで目を閉じて考えた。これは俺の無意識の恐怖が作り出した幻影かもしれない。それに他の二人は楽しんでいるのに、俺がそんな事を言い出したらブチ壊しだ。きっと俺の思い込みなんだ。音楽に集中して踊れ。そして目を開けたらきっと消えているはず…
しかし目を開けたら、やはりそれらは変わらずそこにいた。しかもその一体がユラユラとこっちに近づいて来ているように見える。怖い! でもきっとこれは錯覚だ! 目を瞑って無視しろ、音楽、音楽…でもこっちに…やっぱり怖い! 目を開けてそれを見た。
やはりそれらはまだそこにいたが、しかし近づいて来ていた一体は、何かが通じたのか、それとも気まぐれかはわからないが、離れて行っているようだった。周りの奴らもそれぞれ勝手にやっているままだ。どうやら悪いものではなさそうだな、と思った。
それから少しの間は我慢して楽しんでいるふりをしたが、一向にいなくならない黒い影たちにもうどうにも怖くてたまらなくなって、俺は車の中に入って一服しながら二人を待つ事にした。
ところが俺が車の中に入ると、すぐに二人とも車の中にやってきた。ドアを閉め音量を落としてタバコに火をつけ「まだ居るかい?」と聞くと二人とももう帰ろうという。心の中で安堵し、車のライトを点けた。ヘッドライトに照らされたそこは、何も異常などないいつもの場所だった。
しばらくして、ここでならもういいだろうと思い、俺は二人にさっきの体験を話す事にした。実は、さっきの駐車場で何だか黒い人影のような…と話しかけた時、それを遮るように二人は口々に言ったのだった。
「黒い影でしょ?」
「たくさん居ましたよね?」
これには本当に驚いたね。
二人とも、俺と同じような物を見、しかし俺と同じように考えて我慢していたのだという。しかし俺が車に入ったのを見て、それぞれこれ幸いと車の中にやってきたのだった。これには三人で笑ったね。
結局、あれは一体何だったのか、とあれからよく考える。霊?というには違和感があるような気がする。ならば何だろう。精霊? 妖怪? あれから何度もあの場所に行ったけど、あんな体験はあの時の一回きりなので今となっては何もかも謎だ。踊る一体の影が俺に近づいてきたあの時に受け入れていれば、もしかしたら何かがわかったのかもしれないが…。まあ、そうしなかったのが多分正解だったんだろうか。
スポンサーサイト

身の回りの素晴らしいものたち

ツイッターを開いたら「妻が「自分の洗い物の並べ方はあまりにも素晴らしいのに誰も分かってくれなくてむなしい」と言っていた。そう言われて見てみると、確かに小さい皿から大きい皿に鮮やかにグラデーションしていく姿、器の重なりの平行性は機能美を併せていて美しい。それに気付いてからは鑑賞するようにしている。」というRTが目に入り、そういう事ってあるよな、身の回りの生活やなんかの中にある密かなアートや表現ってあるよね、と思った。
気づきって意味で言えば、先日ようやく、何年も行っていて「いやはやほんと素敵だなここは…」と感じてもいた弟子屈の辻谷商店の店内空間風景が、どこを切り取ってもバシッと決まってるコンセプトアートだと、遅まきながら気づいたわけです。
でも多分、身体はとっくに先にわかってたんだと思う。ただ頭で理解したり言語化する事が出来なかったんだよね。そういう事はよくある。
ついさっきも、阿寒湖のアイヌコタンが産んだ木彫りの三大巨人である藤戸竹喜さん、瀧口政満さん、床ヌプリさんの作品を今オンネチセで行われている好企画「アイヌアート展」で見てきたんだけど、恥ずかしながら、実はさっきようやく、本当の意味で床ヌプリさんの作品の物凄さに気づけたと思う。藤戸さん瀧口さんはの凄さはある程度わかっていたように思うんだけど。
(まあもっとも、あくまで「今の時点で」の理解や感覚であって、これから更に見かた感じかたも深化し変わると思うけども)
床ヌプリさんの作品は、なんというかまだうまく言葉にはできないけど、目に見えないけど、昔から延々とたしかに存在し、継承したりしている何らかの感覚や存在を表現しているように感じられる。ズシンとしているというか、古代から続く軽々しくない何か。あんまり縄文とかアイヌとか言いたくないけど、でも言葉ではない、重々しいそれそのもの、という感じかな? 上手く言えない!
今日はまさにこれから京都の大山咲みの舞台で、私たちの愛するカピウ&アパッポの二人が、片足は彼女たちの等身大の日常と地続きのまま、もう片足は脈々と色々なものとつながるものや、うまく言葉には出来ないかもしれないけども確かに存在するカムイや芸能の神との接触を果たすでしょう。当たり前に身の回りに存在するものへの感謝の気持ち。その大事さを彼女たちは教えてくれる。

七月下旬はなんだか閑散としていた阿寒湖も、
やはり八月は忙しく、
ポロンノもありがたい事に毎日お客さんに恵まれて、
毎日朝から仕込みをして、
帰るのは夜も遅くなってから、という毎日。
楽しい事も多いけど、
自転車に乗って山に行ったり、
キノコを探して阿寒湖の素晴らしい森の中を歩いたりする時間が取れないと、
心がどんどん痩せてくるのを毎日自分で感じていた。
この世界は何事も作用と反作用で成り立っているので、
心が痩せてくると、人は代わりに何かでそれを補おうとする。
一番簡単なのは、手軽な快楽の摂取である。
飲食や娯楽や安い感動や興奮。
一時的にはそれでもいいのだが、
そればかりで身体を動かさないのは、
頭と身体と心の健康に良くないのは自分でもわかっている。
やはり森の中を歩いたり自転車に乗ったり山に登ったり踊ったりして深く呼吸して汗を流し、
ありとあらゆる存在に囲まれそれを感じる感覚を自覚する事が俺には必要なのだ。
今はしかし、まだその時間はとれないが、
唯一毎日、自宅と店の間の行き帰り、
道端の植物たちの様々な色やデザイン、
日々変わる風景の全体的な印象と細部の妙の間で、
視線を行ったり来たりさせて目で味わい、
これまた季節の移ろいや天気によって変わる空気に漂う香りのグラデーションを、
生まれつき人間が備えた高度な大気中分子分析センサーである鼻で取り込み、
目を瞑って脳で存分に味わったりして、
わずか片道十分ぐらいの時間ではあるが、
とりあえず愉しんでいる。
最近の見所は蕗の葉の色合いと反魂草の花、
嗅ぎ所は桂の葉の甘い香り。

6月26日

2015年6月26日。
この日はアメリカ合衆国に住む多くの人たちにとって喜びの日となった。
連邦最高裁判所が同性婚を認める判断を示し、全米で事実上、同性婚が合法化されたからだ。

http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-06-27/johnroberts-america-lgbt/
こののサイトに掲載されている連邦最高裁の命令文がとても美しい感動的なものなので、転載したい。

『人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。なぜなら結婚とは、最も崇高な愛、忠誠、献身、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちを含んでおり、家族を抱くことだ。婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる。

今回の訴訟の申立人たちは、たとえ死が二人を分かつとしても、なお途切れない愛情が、結婚にはあると証明している。ゆえに、申立人たちが結婚という営みを軽視しているとするのは、大きな誤解である。彼らの申し立ては、結婚という営みの意味を尊重しているがためであり、だからこそ、自らもそれを成し得んとしているのである。

申立人たちが望むのは、非難され、孤独のうちに生涯を終えることのないこと。また、古い体制や思想のために社会から排除されることなく、生を全うできることである。法の下に、平等なる尊厳を求めているのである。憲法は、彼らにもその権利を付与している。よって当法廷は、第六巡回区控訴裁の判断を破棄する。』

素晴らしいね。自由の国アメリカの面目躍如といったところだ。
かつてのローマ帝国のごとく、人類社会の一番美しく崇高な部分と、最低最悪の蛮性を併せ持つアメリカ。
色々問題もあるのだろうけど、それでもやはり、この国には未来への希望を感じる。

実は奇しくもこの日は、私たち夫婦の15回目の結婚記念日でもあった。

妻と自分は正直言って、似た者夫婦でも趣味嗜好がぴったりというわけでもない。
若い頃は破滅的な夫婦喧嘩もよくあり、そのたびに両親や子供達に心配をかけたりもした。
夫婦、家族、友人先輩仲間達との時間を重ねながら、お互いの事を理解したり受け入れながら、
関係はどんどん深く、成熟してきたのだと思う。
そして15年。
とても幸せだと感じているし、いまの自分の境遇を与えてくれた人たちや幸運に日々感謝している。
すべては妻よ、君との出会いのおかげだ。ほんとうにありがとう。

『人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。なぜなら結婚とは、最も崇高な愛、忠誠、献身、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちを含んでおり、家族を抱くことだ。婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる』

これからもずっとよろしく。

Youは何しに阿寒湖へ?

実は俺にとって、
シンクロニシティ事象収集が密かなライフワークの一つなのであるが、
先日弩級の事例が発生した。
それについて記したいと思う。

ことの始まり、連鎖の入り口は、
厳密にいえば8月29日に札幌の友人に電話した時から、ということになるだろう。

8月30日に、Perfumeの真駒内アイスアリーナLIVEを見に行く予定だった俺は、
しかし一つの悩みがあった。
31日に北見であるラビラビのLIVEを断念せざるを得なかったからだ。
しかしまあ、これはどうにも仕方がない。
前日の29日に札幌へ行き、
30日土曜、LIVE終了後に即帰ってくる予定だった。
繁忙期の8月の最後の土日の土曜に休むわけである。
日曜まで休むわけにはいかない。

北見ラビラビLIVEへの未練を残しつつも、
阿寒湖出発前に、PerfumeのLIVEに行きたいというのでチケットをとってやった友人に電話した。
チケットをどう渡そうか?と彼女に聞くと、
今夜PROVOで彼女が主催するラビラビのLIVEがあるので、
郷さんは友だちと会ったりと忙しいでしょうから、
明日のLIVE前でいいです、との答え。

え?マジで?
ラビラビ今日LIVEあるの?行く!と俺は即答。
なんたるラッキー。
札幌へ行くその日に、諦めていた今年のラビラビを見れるとは。
前日入りじゃなければ不可能だった。

初めて行った、札幌にその名を轟かす名店PROVOはとてもいい店だった。
友人たちも来ていて乾杯し、
ラビラビはもちろんいつもの事だけど、
期待をはるかに超える素晴らしい音楽体験をくれた。
それだけではなく、
ラビラビの前に川上さんの披露してくれた歌とユーカラは、
それを聴きながら、俺はもしかしたら、これを聴くためにここに来たのかもしれない、と思うほどに素晴らしいものだった。
アイヌ、過去から脈々としたルーツに繋がるもの、ここにあり。
そういった感じだった。
若手で妻や絵美姉以外でそう感じることはそう多くない。
PROVOの時間は素晴らしいものだった。

そして翌30日。
PerfumeのLIVEを体験するのは、
前回の全国ツアー以来2年半ぶりである。
期待をおさえきれず、開場2時間前に真駒内アイスアリーナに到着。
遠征してきた友人たちと談笑しつつ、ドキドキしながら入場を待った。

開演15分前に指定席へ。
B3ブロック、31番。
メインステージからもほど近く、
センターステージ真横のすぐ側という、
信じられないほどいい席だった。
通路に面しているからスペースがとれ、
これなら思う存分踊って楽しめそうだ。
期待が頂点に達しつつも、
幸運すぎてなんだか現実味が無い。
ハラハラしながら10分前。
PerfumeLIVE恒例の、開始が待ちきれない奴らの手拍子が始まり、
それはあっという間に会場全体に伝染する。
地鳴りのような手拍子の中、
気持ちを抑えきれない奴らがメンバーの名前を叫び出す。
俺も声の限りに叫び、
手拍子を打ち続ける。
あと数分。
場内アナウンスが注意事項を伝え終わる。
大歓声、そして暗転。
さあ、夢の時間の始まりだ。

一発目からド太いキックと凶暴なベース。
しかし他の様々な音も決して死んでないどころか、普段とは違う音色を聴かせてくれる。
今回のPAはとても素晴らしい仕事をしていた。
ステージセットも新機軸で、こんなのが見たかった!と俺は心の中で叫ぶ。
会場を飛び交うめまぐるしいレーザーの光の中、
LIVEパフォーマンス中の彼女たちは、いつにも増して現実離れした変性意識オーラを強力で完璧なダンスと心地いい声で強烈に放射する。
最高だ。ただただ、最高だ。

恐るべき破壊力の最初の4曲を終え、
いきなりムードはほっこりしたものとなる。
それが彼女たちの得難い持ち味だ。
かしゆかが好きなテレビ番組の話を始めた。
「Youは何しに日本へ?」というその番組は、
ちょっと前にPerfumeファンの間で話題となっていた。
前のドームツアーを見に来日したアメリカ人のファンを番組が取り上げたからだ。
かしゆかの話もその回の話からだった。
いつもそうだが、熱狂のLIVEパフォーマンスの合間の、3人娘の世間話のようなおしゃべり。
話は延々終わることなく、漫談のようになっていき、観客もPerfumeも大笑い。
そしてまた曲が始まれば、アリーナの中は異界へと変化し、
俺たちはここではない何処かへと問答無用で連れて行かれる。

2時間半の夢幻の桃源郷は終わり、
友人たちへの挨拶も早々に、
阿寒湖組は夜中の2時に帰宅。
次の日は8月最後の日曜日だ。

昨夜の興奮冷めやらぬ俺は、
Perfumeの最新アルバム「LEVEL3」をかけながら仕事をしていた。
昼が終わり、夕方になればまた夕食のお客さんがやってくる。
ふらりと若いカップルが来店。
話してみると、彼氏は少々日本語ができるようだが、アジアのお客さんのようだ。

しばらくして、会計を払いにやってきた2人。
彼氏が突然、あなたはPerfumeのファンですか?と聞いてきた。
もしかして、と昨日のLIVEに行きました?と聞くと行ったという。
おお、俺も行きましたよ、と2人とまず握手。
最高でしたね、どちらからですか?香港からです、などと話をするうちに、
彼氏がチケットホルダーの中のチケットを見せてくれる。

一瞬、目を疑った。
俺の席はB3ブロック、31番。
彼らの席は、B3ブロック、42番。

俺のすぐ真横の席だ。

一万人いた真駒内の観客の、
その中の俺のすぐ横にいた彼らが、
なぜか次の日、ここにいて、俺と会っている。
奇跡的な確率だ。
鳥肌が立った。

しかも、真駒内のLIVE中最初のMCでかしゆかが話した内容は、
「Youは何しに日本へ?」の話題である。
まさに、その話題の内容そのままに、
外国からPerfumeを見るために来日したファンが、なぜか目の前にいるのである。
こんなことって、あるだろうか。
俺は札幌から360km離れた阿寒湖に住んでるんだぜ?

彼らはおそらく、残念なことに、
MCの内容はわからなかっただろう。
そして俺も動転のあまり、
君たちのような人のことを、かしゆかが話していたんだ、ということを、
彼らに伝えることができなかった。
それは今思えば、とても残念だった。
その時できたのは俺の席を伝え、
一緒に驚き、
一緒に写真を撮って握手して再会を約した、それだけだった。
ほんとうに今では心残りである。
ただ、それだけびっくりしていたのだ、俺は。

顛末は以上である。
別にそれがあったからといって、何があるわけでもない。
しかし、一見無関係なようだが、
俺が思うに、友人に電話した時から、
何らかのスイッチが入り、
偶然の連鎖が始まって、
最後にはとんでもない事が起きたのだと俺は思っている。
何の根拠もないが。

しかし人生には時に、そのようなことがどうやら起きるらしい。
プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。