FC2ブログ

海別の若い羆が自ら語った話

いつの頃からか私は知床の海別岳の森の中で
母と兄弟と暮らしていた
春に母と兄弟と暖かい家の中から出てくると
それからは天が私たちのために用意してくれた
行者ニンニクや蕗の若葉
ドングリや山葡萄
無数にいる鹿や魚
キノコや虫
それに甘い蜂の巣やコクワの実
そういった美味しいものを
母と兄弟と食べて暮らしていた
それはこれ以上何を欲しいとも思わず
これ以上何を食べたいとも思わない
豊かで幸せな日々だった
そんなある日のこと
母は私たち兄弟にいった
あなたたちはもう大人になってきた
これからは別れて暮らすのが私たちの生き方になる
それぞれ安心して食べられる場所を見つけなさい
でも気をつけなければいけないのは人間です
人間はとても強く恐ろしい生き物です
これから私のいうことは必ず守るように
人間の住んでいる場所に近づいてはいけません
人間の作るものに手出ししてはいけません
山の中で人間が近づいてきたら
すぐに逃げなければなりません
これらを守らない者には
必ず恐ろしい死が待っていることでしょう
こうして私たち兄弟は母から離れて
それぞれの場所で生きることになった
兄は海別岳の山の中
私は海の近くで暮らしていた
海の近くは
美味しいキノコやコクワは少ないが
とても美味しい鮭やマスを食べることができる
しかし暮らし始めてすぐにわかったのだが
海の近くには人間たちが多い
それでも最初は見つからないように
夜の暗闇の中で魚を食べにいっていたが
そのうちなんだか慣れてきて
人間が多くいる浜にも行くようになった
最初はおっかなびっくりだったが
行ってみて驚いたのは
人間が多くいる浜は
鮭やマスも沢山いることだ
そればかりではない
人間たちはなぜか
とった鮭やマスを
食べずに並べて置いているではないか
それでも母にいわれた恐ろしいことを思い出し
人間のものには手を出さず
夜の暗闇に紛れて
川や海にいる鮭やマスを食べてはいたが
その年はいつもの年よりも
魚の数が少なかった
いつも腹を空かせていた私は
我慢しきれなくなって
人間が置いていった
イクラの無くなっている鮭や
マスの雄を食べるようになった
しかしこんなに美味しいものを
どうして人間は食べずに置いていってしまうのだろう?
不思議に思いながらも
どんどん慣れて大胆になっていった私は
そのうち空が明るくなり始めても
浜で食べるようになっていった
ある日のこと
私が浜に現れると
そこには人間たちがいて
いつものように長い棒を振り回して
鮭やマスを獲っていた
母にいわれたことを思い出し
とても恐ろしくもあったが
しかし心の中に
母への疑いもわいてきた
人間には私のような爪も牙もない
身体も細くて弱そうに見える
人間は本当に強くて恐ろしいのだろうか?
よく見ると人間たちの後ろには
獲れたばかりの美味しそうな鮭が
いつものように置いてある
どうやら人間たちは
鮭を獲るだけ獲って
またあそこに置いて行くようだ
それを私が食べる
つまりあれは全部私の食べ物だ
鮭を獲るのに夢中な人間たちの後ろから
私は静かに忍び寄った
そして並べてある鮭を夢中になって食べ始めた
すると人間たちが私に気づいた
怖くなって逃げようと思ったその時
なんと人間たちは私を見て
悲鳴をあげながら遠くへ逃げて行くではないか
どうやら母のいっていたことは間違いだった
人間は私より弱く臆病な生き物のようだ
それがわかってからというもの
私は昼間にも平気で
人間たちのところに現れては
彼らが私のために獲った鮭を食べに行くようになった
たまに人間の中でも良くない奴が
私に石を投げてきたりする時もあるが
私がちょっと脅してやれば
やはりそんな人間も逃げてしまう
この浜は私の場所で
この魚は私の食べ物だ
私はそう考えるようになっていた
そんなある日のこと
私がいつものように浜に現れると
すこし変わった人間がいた
私を見て怖がるどころか
その人間はニヤニヤと笑いながら
ピカピカと光る尖ったものを出して
そしてこういった
本当に現れたな
若い熊だ
これでやるにはちょうどいいだろう
その時ふと
なぜか昔母からいわれたことが蘇り
身体の底がゾッとした私は逃げそうになったが
次の瞬間には
弱い人間になぜそんな風に感じる?
ここは私の浜だ
そう思いなおした
私はいつものように人間を脅しつけてやろうと
唸って近づいていった
ところがその人間は逃げない
なんだかおかしい
落ち着かなくなった私は
思わず立ち上がって周りを見た
するとその人間は
ゆっくりこちらに近づいてくる
ゾッとしたが私は毛を逆立て
その人間に向かって爪を振り回した
ところがその人間はそれを避け
なんと私にぴったりとくっついて
私に抱きついた
そしてその人間はこういった
こうすればお前たちは
もう何もできない
その次の瞬間
人間の持ったピカピカするもので
私の喉は切り裂かれ
私は死んだ
こうして私は
恐ろしい人間に殺されて皮を剥がれ
肉は鍋にされ食べられて
余ったものは方々に送られてバラバラとなり
内臓は埋められ虫やキツネの餌となり
私の皮は鞣されて
正式に祀られることなく
その人間の車の中で飾られて
カムイモシリにも帰ることが出来ず
こうしてそこら辺を彷徨うこととなった
これもすべて母の教えを守らず
みだりに恐ろしい人間たちに近づき
人間のものに手を出してしまったからである
だからこれからの若い熊たちよ
人間には近づいてはならず
人間のものには手を出してはならず
人間を見たらすぐに逃げなければならないよ
と海別岳の若い羆が自ら語った
スポンサーサイト



スーダラ無限地獄

ある朝呉郡三郎がなんともいえぬ不快な悪夢から目覚めてみると、自身が一匹の虫、種類でいうならば玉虫に変じているのに気がついた。

これはまだきっと夢が続いているに違いない、と三郎は思った。なぜなら自分は確かに人間で、昨夜の事もよく憶えている。閉店までパチンコを打って帰宅し、負けた腹いせに焼酎をあおり泥酔し、風呂に入って溺れそうになったのだった。思い出すのも嫌な情けない記憶である。

もうしばらくずっと負けが続いている。その度にもう二度と行くまい、パチンコなどからは足を洗おうと考えているのに、少し経てばまた勝った時の快感が思い出され、今度こそは勝利を味わえるのではないか、とまた行っては負ける。不安と失望と勝利の極端な精神の波がもたらす脳内物質の過剰分泌によって生み出されたパブロフの犬。完全な中毒状態にある自分を認識してはいるが、しかしそこから抜け出すことができない。昨夜も覚えた強烈な失望、胸が灼けるような後悔、そして愚かな自分への自嘲を三郎はよく憶えていた。

この夢もきっとパチンコに負けた無念と後悔とストレスによってうなされ、悪夢を見ているに違いない。当然三郎はそう考えたが、しかし自身が玉虫であるという実感はどうにも強固であった。こうして自身の現状に戸惑いつつ、昨夜の記憶に煩悶している間にも、触覚は周囲の匂いを感知し、身体は玉虫としての本能によって突き動かされ、三郎は留まっている木の幹の上を六本の脚でシャカシャカと登り始めた。

木の上部に登れば登るほど、三郎を突き動かすたまらない香りはますます強くなってくる。三郎はたまらず羽根を開き、空中に飛び上がってその狂わしい衝動の源を目指し、程なくそれを見つけた。ケヤキの枝の先端が折れ、香しくも強烈な薫りがそこから周囲に流れ出している。自分の中の衝動に突き動かされるまま、昨夜の悔恨も今朝の当惑もすっかり忘れたように三郎はまっすぐその場を目指した。

近づいてみれば、同じような興奮に包まれた別の玉虫たちが切り取られた枝の先に群がっている。よく見れば枝は自然に折れたものではなく、どうやらなにかノコギリのようなもので意図的に切り取られたようである。まだ残る人間としての三郎の心の一部がその新しく綺麗な切り口に違和感を感じたが、その木口から漂う快楽物質に我先にと群がり熱狂する玉虫たちの群れが、陽光に照らされて七色に光り輝き飛び回るその光景に玉虫の三郎はうっとりと幻惑された。玉虫としての身体は本能と快楽のスイッチの命ずるままにその中へと飛び込むことを欲した。心の中の警告を無視し、もうすっかり一匹の玉虫と化した三郎は、興奮状態のレイブへと飛び込み、押し合いへし合いしながら我を忘れて快楽の源を目指した。心の中のどこかでパチンコ屋の新装開店に駆けつける時の興奮を思い出しながら。

完全な玉虫と化してどれほどの間そこで快楽を貪ったのかは憶えてていない。だが突然、枝に強い衝撃を感じ、多くの仲間と共に三郎は空中に投げ出された。為す術もなく地面に落下し仰向けにひっくり返って六本の脚をバタバタさせていた三郎を、巨大な手がつまんで拾いあげ、籠の中へと放り込んだ。次から次へと放り込まれて恐慌状態の多くの仲間たちと籠の中でもがいていると、外から人の声がした。

「じいちゃん、いっぱいとれたね」
「ああ。この時期はああして枝を切ってやったら、ああやって木を蹴ってやればいくらでも玉虫が落ちてきてなんぼでもとれるんだ。いくらでも集まってくるからな」
「バカだね、虫って」
「バカっちゅうかなんだろうな。ああやって誘われたら、きっといいことあると思って集まらずにはいられなくなるんだべな。まあ虫だからな。まあいい稼ぎだ」

その声を聞きながら、夏の暑い籠の中でぎゅうぎゅうずめに押し込められ、死への恐怖に怯えてもがく玉虫の中で、三郎の人間だった部分は、昨夜と同じような失望と後悔を覚え、そして自嘲しながら呟いていた。どうやらまた負けちまったようだ。またやつらの食い物にされちまった。自分だけは勝てるとどこかでまた俺は思っていたんだ。なんて馬鹿なんだろう。やられるかもしれないってわかっていたのに、また俺はそうせずにはいられなかったんだ…

そうして他の仲間たちと一緒に三郎は死に、その生は美しい厨子を飾る一部となった。三郎のどうにもならない衝動は玉虫とりの老人の収入となり、美しく貴重な厨子は高い値で売れたのであった。

玉虫が死の恐怖と後悔の夢から目覚めてみると、目の前に御釈迦様が立っている。すると自分は死んだのか。ここは天国なのか。すると心の中で声がした。

お前は昔人間で、自分の欲望の赴くままに周りの人間や生き物たちを利用し、しかし決して満足することがなかった。そんなお前のために多くのものが苦しみ、その生が歪められた。その罪によりお前は死んだ時に地獄へと送られた。自らの行いを反省し快楽の連鎖を断ち切り、わかっていてもやめられない自分から脱皮し、身を慎ましく奉仕の心を持って生きない限り、お前は未来永劫このスーダラ無限地獄から抜け出せず、他者に利用され食い物にされて恐怖と後悔の中で死に続けるのだ…

イスパニアの貿易船であるグレゴール船長は新大陸へと向かう船室の中で、一匹の虫である自分が神に何かを言い含められている悪夢から目を覚ます。きっと昨夜の酒のせいだろう。さあ、もう少しで新大陸だ。インディアン共を騙して脅して奴らの黄金を奪い取り、またしこたま儲けてやろう。今回も船員共が何人か死ぬかもしれんが知ったことか。奴らも好きで来てるんだ。略奪貿易の旨味を一度を味わえばまっとうな人生なんぞ馬鹿らしい。グレゴール船長は一人興奮に震え、悪夢のことをすっかり頭から追い出した。

毛のない化け物たちの畑

山菜キノコを採りに奥山に入って行く
そこはどこまで行っても人っ子一人いない動植物たちの庭だ
目は山菜キノコを探し
鼻は周りの植物や動物や土や諸々の匂いを嗅ぎ
羆の気配に怯えながら耳と感覚は辺りに注意を払いながら
沢筋を奥へ奥へと登って行く
そうするうちにだんだんと
自分が昔の狩猟採集民のような
あるいは一匹の動物になったような気分になる
そんな時には
勘違いかもしれないが
山の何処かからこんな話し声が聞こえるような気がするのである

お母さん
またあの生き物が来たよ
そうねまた来たわね
あの生き物はとても怖いから
絶対に近くに行ってはいけませんよ
お母さん
あの生き物はそんなに怖いの?
あの生き物は小さいし
身体を守る毛もないし
牙も爪もなさそうだよ?
いいえ
あの生き物はとても恐ろしい生き物なのよ
私の知っている熊が
あの生き物に何匹も
それは恐ろしい方法で殺されている
あの生き物が作る美味しい食べ物の畑
あそこでたくさん死んでいるのよ
だからぼうや
絶対にあの生き物の近くに寄ってはいけません
あの生き物の住んでいる所に近付いてはいけませんよ?
さあ
音を立てないようにここから離れましょう
あの生き物に見つからないように

そういう話を昔私は母親から聞いた
大きくなって母親から離れ
一人で暮らすようになったが
どこに行っても満足に食べる事ができなくて
私はいつも腹を空かせていた
ある日の事
あの生き物の住んでいる所の近くから
美味しそうな匂いがする
つられて近くに行ってみると
とても広い畑の中には
なんだかとても美味しそうなものが沢山あるではないか
私はたまらずその中に入って
手当り次第にその食べ物を食べた
美味しくて我を忘れた
そうして夢中になって食べていると
あの生き物がやってきて騒いでいる
私は慌てて逃げ出したが
山の中でどうしてもまたあれが食べたくなった
そこでまた
今度は夜に出かけて食べる事にした
好きなだけ美味しいものを食べて帰ろうとした時
遠くで変な音がしたと思うと
私の身体をに大きな穴があいて
もの凄い痛みを感じた
そこから血がどくどく流れた
慌てて逃げようとしたが
今度は私の頭が吹き飛ばされて
私は母親の言った通りに
毛のない生き物の恐ろしい道具によって
畑の中で死ぬ事になってしまったのである
だからこれからの熊たちよ
母親のいう事を聞かずに
毛のない生き物の畑に行くと
こうして恐ろしい死に方をする事になるよ
とある若い熊が自ら語った

ある羆が自ら語った話

いつの頃からか私はここで暮らしていた

小さい頃は
母親と兄弟たちだけで幸せに暮らしていた
神様が持ってくる美味しい食べ物を食べて
私は兄弟たちと一緒に
どんどん大きくなっていった
しかしある日
いつものように目覚めた私は
母親と兄弟たちとの住処でない何処かにいた
たくさんの知らない大人たちがいるここへと
神様に連れてこられたのだった

大人たちは毎日
ほとんどの時間をごろごろと寝て過ごしてみたり
狭いその場所をぐるぐる歩き回って暮らしていた
たまに上の方に神様が姿を現すと
大人たちは立ち上がっておねだりをする
すると神様達は甘くて美味しい食べ物を下に投げてくれる

大人たちはそこを楽園と呼んでいた
楽園の意味はよくわからなかったが
いい処という意味なのだとわかった
でも私には
そこがそんなにいい処だとは思えなかった
確かに食べ物は美味しいが
狭くて毎日なにもすることがない
寝て食べるだけのつまらない毎日だ
だからある時一番の年寄りに
どうしてここがいい処なのかを聞いてみると

お前はここで産まれたから知らないだろうが
ここの外には広くていろいろなものがある世界があるにはあるが
でもそこは食べ物が少なくて
いつも腹を減らして歩き回らないといけない
神様の世界には食べ物は沢山あるにはあるが
それを勝手に食べた仲間は
みな神様に恐ろしい殺され方で死んでしまう
毎日腹を減らし
毎日死ぬかもしれない不安で暮らすことを思えば
なんの不安もなく
美味しい食べ物は毎日食べられる
ここが楽園なのだ
退屈な時は目を閉じて
風にのってやってくる色々な山の匂いを嗅いで
森の木々や土の感触を思い出せば
私はいつでもどこにだっている事ができる
そういう意味ではお前は少し不幸かもしれない
お前は山を知らないのだから
しかし若者よ
多くを望んではいけないよ
お前は楽園にいるのだから

そんなことを言われても
私はかえって不満に思っただけだった
そんな広い場所があるのなら
私はそこに行ってみたい
自由にそこを走り回り
自分で食べ物を探し
自分のお嫁さんを探して
そうやって自由に生きてみたい
そう心から思った

しかしそうは言っても
私に選択肢などなかった
私はいつしか他の大人たちと同じように
毎日なにも考えずに
ただ壁に囲まれた狭い世界の中をぐるぐる歩き回り
上に現れる神様の甘い食べ物を待つだけの日々を送るようになった
そのうちに外の広い世界の事など
すっかり忘れてしまっていた

それからしばらく経つうちに
なぜかはわからないが
そのうちだんだんと
あまり神様は上に現れなくなっていった
次第に食べ物も少なくなっていった
強い大人が最初に食べるので
私のような若い連中や
歳をとった弱い者は腹を減らすようになった

ある時ふと見ると
雪が外の壁の所に山になっている
好奇心の盛んな一番若い雄が
そこに登ろうとしている
それを空腹で真っ白な頭で私は見ていたが
ふと
昔の話が頭の中に蘇った
外に広がる広くて自由な世界の事を
あれを登れば外に出られるかもしれない

私は立ち上がり
その雪山を登った
周りの大人たちはただそれを眺めるだけだったが
天辺に私がたどり着き
上の柵に手をかけた時に
私がやろうとしている事を彼らは知った

やめるんだ
行くんじゃない

あの年寄りが言った

ここを出たら
お前は必ず神様に殺されるだろう
それなのになぜ楽園を捨てるんだ?

ここが楽園だって?
いつも私は腹を空かせている
ここが楽園なはずがない
きっと外には
もっと素晴らしいものがあるはずだ
少なくとも
私は今から自由を得る
自分の運命を自分で決められる自由を

そう言って私は
天辺の柵を乗り越えた

私の後に五頭の仲間が続いた
年寄りはもうなにも言わなかった
外の世界に出た私たちを見て
神様たちは騒ぎ周り逃げ出した
今まで私達を支配していた神様たちのそんな姿をみて
私はなんだか怖くなった
自分の中に湧き上がる恐ろしい気持ちに動かされて
追いかけて神様を叩いたら
あっさりと神様は動かなくなった
仲間たちも神様に襲いかかる
気がついたら
動く神様は誰もいなくなっていた
その時に私は自分が何者かを始めて知ったのだった
私たちは山の支配者
私たちこそが神
本来いるべき広い世界で
私たちは自由に暮らすのだ


しかし
その後広い世界を歩き出して間もなく
私たちは神様の恐ろしい道具で
あっという間に恐ろしい死を迎えた
楽園はなくなり
残された仲間はバラバラに
何処かへ連れていかれてしまったのだった

だからこれからの羆たちよ
どこで暮らそうとも
自分の運命を受け入れなければならない
広い世界で不安に生きるものも
あの場所で退屈に生きるものも
決して神様に逆らってはいけないよ
無残で恐ろしい最後を遂げたくないのなら
と逃げ出したせいで無残な最後を迎えた
若い羆が自ら語った

どうして私は糞まみれになって海の底に沈んでしまったのか

いつの頃からか、
私はある山の天辺に住んでいた。
春から秋にかけては、
私はただ立って、
空や森や動物たちや人間たちを眺めて過ごしていたが、
冬になれば私の仕事が始まり、
鉄の糸を縒った太い紐を引っ張ってぐるぐると回し、
人間たちをぶらぶらと乗せた椅子を引っ張って、
山の天辺まで運んでやるのだった。
冬の仕事は毎年忙しく、
毎日たくさんの人間を山の天辺まで運んだ。
へとへとになって、
仕事が終わったあとは、
他の山に住む仲間と話をした。
なかでもよく話したのは、
阿寒湖の山に住んでいる仲間だった。
阿寒湖の仲間はいつも楽しそうに働いていて、
話をすると、
毎日楽しい仕事ができてありがたい、
たくさんの人間達に喜んでもらえて嬉しいと決まって言うので、
冗談じゃない、
こんなに毎日仕事をしたら、
疲れて参ってしまう。
やめてしまいたくなるよ、
と私がいうと阿寒湖の仲間は、
そんな事を言うものじゃない、
すべてのものにはカムイに割り当てられた役割があるのだから、
それをきちんと務めないといけないよ、
とまた決まって言うものだから、
そんなものがあるのかなんてわかるはずがない、
とにかく嫌になるんだ、
と私はいつもうそぶいて、
平気な顔で仲間を困らせていたのだった。
そのうちに私は、
仕事が益々つまらなくなってきて、
色々ないたずらをするようになった。
人間が乗る椅子をガタガタ揺らした。
たまに引っ張るのをやめた。
その度に人間たちは私の処にやって来て、
私の体が壊れていないか調べ、
ちょこちょこと修理をした。
その様子がおかしくて、
私は心の中で腹を抱えて笑った。
夜になって、
そのことを阿寒湖の仲間に言うと、
阿寒湖の仲間は笑うどころか呆れ果て、
そんないたずらをするものではない、
人間をからかって、
自分の勤めも果たさないでいたら、
どんな罰があたるかわからないよ、
と言うのだが、
私は逆に、
そんな事がわかるものか、
と阿寒湖の仲間をバカにして笑った。
そして私はますますいたずらをするようになり、
その度に人間は私を調べるのだが、
私はいたずらをやめなかった。
疲れ果てた人間が言った。
これだけみているのに、
このリフトはさっぱり自分の勤めを果たさない。
困ったものだ。
それを聞いて私は腹を立てた。
毎日忙しく働いてやっている私にそんな事をいうとは。
そしてますますいたずらをひどくした。
あまりにいたずらがひどいので、
だんだんと乗る人間がいなくなり、
仕事は楽になっていった。
私は喜んだが、
人間たちは困り果てていた。
阿寒湖の仲間にその事を笑いながらいうと、
阿寒湖の仲間は笑うどころか怒り出した。
すぐにやめないと、
お前はきっと呪われるだろう。
自分の勤めを思い出し、
真面目にやるんだ。
と怖い顔で言うものだから、
私も怒って、
お前のように馬鹿正直にやって、
一体何が楽しいのか。
もうお前とは話さない。
と言うと、
阿寒湖の仲間は泣いてそっぽを向いてしまい、
二度と私と話さなくなった。
そんなことを続けていたら、
とうとう椅子に乗る人間達が、
誰も来なくなった。
最後の日に、
いつも自分をみていた人間が、
自分のそばにやって来て言った。
残念だ。
何でこうなってしまったのか。
たくさんの人たちに、
もっと楽しんで欲しかったのに。
それを聞いて、
私は自分のせいだと言われている気がして腹を立てた。
そして体を揺さぶり、
ネジを落として、
その人間の頭にぶつけてやった。
人間が痛がる様を見て笑っていると、
その人間は怒って言った。
お前のようなものは、
糞まみれになって海の底に沈み、
ぼろぼろに腐ってしまえばいい。
そしてその人間は去っていった。
そして誰も来なくなった。

することがなくなって、
私は毎日、
空や雲を眺めて過ごしていた。
それにも飽きてしばらく経ったある日の事、
大きな機械に乗った人間達がやって来た。
またネジでもぶつけてやろうかと思う間もなく、
私は地面から倒され、
ばらばらにされて、
何処かに運ばれていった。
そして大きな熱い窯の中で融かされて、
私は一枚の鉄の板になった。
また私は何処かに運ばれ、
私は大きな船の一部になって、
海の上に浮かぶことになったが、
私はちょうど便所の部分になってしまったので、
毎日入れ替わり、
人間たちは私に糞をかけてくるのだった。
しかもその船はいつも何かと闘っているようであり、
いつも外では恐ろしい音や爆発があるし、
その度に人が死んで、
その叫び声たるや身の毛がよだつようだった。
そうやっているうちに、
私は毎日糞と血を浴びて恐怖に怯えながら、
私が建っていたあの山から、
はるか遠い南の海へとやって来たが、
ある日とても大きな爆発があって、
乗っている人間はほとんどみんな死んで、
私の身体も粉々のばらばらとなり、
他の物と一緒に海の底へと沈んで行った。
真っ暗闇の海の底で私はどうすることもできず、
ぼろぼろと腐っていって、
そしてついにあの最後の日に、
あの人間に言われた通りの事になって、
こうして海の底の泥と一緒に沈んでいるのだった。

だからこれからのリフト達よ、
糞まみれになって
海の底でぼろぼろに腐ってしまう事になるかもしれないので、
カムイに割り当てられた自分の勤めを毎日忘れず、
真面目に働かないといけないよ、
と昔はある山の天辺でリフトだったが、
今ではぼろぼろとなって暗い海の底に沈んでいる物が自ら語った。
プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア