FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海別の若い羆が自ら語った話

いつの頃からか私は知床の海別岳の森の中で
母と兄弟と暮らしていた
春に母と兄弟と暖かい家の中から出てくると
それからは天が私たちのために用意してくれた
行者ニンニクや蕗の若葉
ドングリや山葡萄
無数にいる鹿や魚
キノコや虫
それに甘い蜂の巣やコクワの実
そういった美味しいものを
母と兄弟と食べて暮らしていた
それはこれ以上何を欲しいとも思わず
これ以上何を食べたいとも思わない
豊かで幸せな日々だった
そんなある日のこと
母は私たち兄弟にいった
あなたたちはもう大人になってきた
これからは別れて暮らすのが私たちの生き方になる
それぞれ安心して食べられる場所を見つけなさい
でも気をつけなければいけないのは人間です
人間はとても強く恐ろしい生き物です
これから私のいうことは必ず守るように
人間の住んでいる場所に近づいてはいけません
人間の作るものに手出ししてはいけません
山の中で人間が近づいてきたら
すぐに逃げなければなりません
これらを守らない者には
必ず恐ろしい死が待っていることでしょう
こうして私たち兄弟は母から離れて
それぞれの場所で生きることになった
兄は海別岳の山の中
私は海の近くで暮らしていた
海の近くは
美味しいキノコやコクワは少ないが
とても美味しい鮭やマスを食べることができる
しかし暮らし始めてすぐにわかったのだが
海の近くには人間たちが多い
それでも最初は見つからないように
夜の暗闇の中で魚を食べにいっていたが
そのうちなんだか慣れてきて
人間が多くいる浜にも行くようになった
最初はおっかなびっくりだったが
行ってみて驚いたのは
人間が多くいる浜は
鮭やマスも沢山いることだ
そればかりではない
人間たちはなぜか
とった鮭やマスを
食べずに並べて置いているではないか
それでも母にいわれた恐ろしいことを思い出し
人間のものには手を出さず
夜の暗闇に紛れて
川や海にいる鮭やマスを食べてはいたが
その年はいつもの年よりも
魚の数が少なかった
いつも腹を空かせていた私は
我慢しきれなくなって
人間が置いていった
イクラの無くなっている鮭や
マスの雄を食べるようになった
しかしこんなに美味しいものを
どうして人間は食べずに置いていってしまうのだろう?
不思議に思いながらも
どんどん慣れて大胆になっていった私は
そのうち空が明るくなり始めても
浜で食べるようになっていった
ある日のこと
私が浜に現れると
そこには人間たちがいて
いつものように長い棒を振り回して
鮭やマスを獲っていた
母にいわれたことを思い出し
とても恐ろしくもあったが
しかし心の中に
母への疑いもわいてきた
人間には私のような爪も牙もない
身体も細くて弱そうに見える
人間は本当に強くて恐ろしいのだろうか?
よく見ると人間たちの後ろには
獲れたばかりの美味しそうな鮭が
いつものように置いてある
どうやら人間たちは
鮭を獲るだけ獲って
またあそこに置いて行くようだ
それを私が食べる
つまりあれは全部私の食べ物だ
鮭を獲るのに夢中な人間たちの後ろから
私は静かに忍び寄った
そして並べてある鮭を夢中になって食べ始めた
すると人間たちが私に気づいた
怖くなって逃げようと思ったその時
なんと人間たちは私を見て
悲鳴をあげながら遠くへ逃げて行くではないか
どうやら母のいっていたことは間違いだった
人間は私より弱く臆病な生き物のようだ
それがわかってからというもの
私は昼間にも平気で
人間たちのところに現れては
彼らが私のために獲った鮭を食べに行くようになった
たまに人間の中でも良くない奴が
私に石を投げてきたりする時もあるが
私がちょっと脅してやれば
やはりそんな人間も逃げてしまう
この浜は私の場所で
この魚は私の食べ物だ
私はそう考えるようになっていた
そんなある日のこと
私がいつものように浜に現れると
すこし変わった人間がいた
私を見て怖がるどころか
その人間はニヤニヤと笑いながら
ピカピカと光る尖ったものを出して
そしてこういった
本当に現れたな
若い熊だ
これでやるにはちょうどいいだろう
その時ふと
なぜか昔母からいわれたことが蘇り
身体の底がゾッとした私は逃げそうになったが
次の瞬間には
弱い人間になぜそんな風に感じる?
ここは私の浜だ
そう思いなおした
私はいつものように人間を脅しつけてやろうと
唸って近づいていった
ところがその人間は逃げない
なんだかおかしい
落ち着かなくなった私は
思わず立ち上がって周りを見た
するとその人間は
ゆっくりこちらに近づいてくる
ゾッとしたが私は毛を逆立て
その人間に向かって爪を振り回した
ところがその人間はそれを避け
なんと私にぴったりとくっついて
私に抱きついた
そしてその人間はこういった
こうすればお前たちは
もう何もできない
その次の瞬間
人間の持ったピカピカするもので
私の喉は切り裂かれ
私は死んだ
こうして私は
恐ろしい人間に殺されて皮を剥がれ
肉は鍋にされ食べられて
余ったものは方々に送られてバラバラとなり
内臓は埋められ虫やキツネの餌となり
私の皮は鞣されて
正式に祀られることなく
その人間の車の中で飾られて
カムイモシリにも帰ることが出来ず
こうしてそこら辺を彷徨うこととなった
これもすべて母の教えを守らず
みだりに恐ろしい人間たちに近づき
人間のものに手を出してしまったからである
だからこれからの若い熊たちよ
人間には近づいてはならず
人間のものには手を出してはならず
人間を見たらすぐに逃げなければならないよ
と海別岳の若い羆が自ら語った
スポンサーサイト

ありがとう

年が開けて、あっという間に怒涛の一月も終わり、やれやれゆっくりできそうだ、なんて考えながら日々を過ごしていたらもう二月の三分の一が終わってしまう。このままではあっという間に冬が終わって山菜の時期がやってきそうだ。あんな事やこんな事をやりたいと思っている間に時間はどんどん過ぎていく。それが俺の人生なんだろうか。
なんだかもやもやした、何かを書きたいけどどうしたものかよくわからない日々。その気持ちのきっかけは東さんの訃報からなのは間違いない。東さんごめんなさい。あなたは俺がここに来たばかりで、どこの誰かもわからない時から、俺の事をずっと「物書き」と呼んでくれましたね。俺はいつも本当に嬉しかったです。だからとりあえず、思うままに書いてみます。
今年はまず観光機構さんの東京ドームの仕事で始まったと言っていいのかな。無論、それは勤めているスキー場の理解ある上司や仲間たちの優しさがあっての事はもちろんだが。快く許可してくれたみんなには本当に言葉にならないぐらい感謝している。そのおかげで、この歳にして初めての経験が色々とでき、また新しい人間関係や知らなかった様々な知見が得られたように思う。何よりも、知り合えた立派な人生の先輩たちから、気は心というか、人を動かすのは言葉だけではなく、熱い真心に思いやりに行動なんだな、という事を知れてとても嬉しい。これは俺のこれからの指針というか基準の一つになるだろう。人間、いくつになっても知らない事は知らないし、逆にいえばいくつになっても新しい気づきや発見や進歩がありうるという事だ。自分にその気があればだが。
東京ドームにたくさんの友人知人が足を運んでくれたことは本当に嬉しかったが、同じぐらい嬉しかったのは、初めてアイヌ料理を食べるという沢山の人たちが喜んでくれた事は、なんというか感動的だったし、ダイレクトに自信につながる得難い経験だった。こんな機会を与えてくれて、適切な感謝の言葉もない想いだ。
帰ってきて間をおかずに今度は氷上フェスティバルのメインステージの雪像作りを仲間たちと手がけた。一人で作るサイズの雪像作りには自信はあるが、この巨大な雪像作りは共同作業である。長年制作を阿吽の呼吸で担い続けた先輩たちと同じ水準で仕事ができるか、制作期間は間に合うのか、内心色々と不安はあったが、そんな心配は杞憂だった。自分を含め、今の湖畔の若手の中ではベストメンバーだとは思っていたが、それぞれが考え、自発的に、合理的に、手早く、高いクオリティで仕事ができたと思う。ほぼ百パーセント彫刻で作る雪像としては道内有数のクオリティであるのはもちろんだが、これを二日で完成させたのは誇っていいのではないだろうか。札幌雪祭りとは言わないが、他のイベント現場から声がかからないのが正直不思議だ。しかし繰り返すが、それが可能だったのは、このメンバーが集まってくれたからだ。本当にありがたい。
個人的にはこの一月の出来事から感じた事は色々とあるが、なかでも何度も思ったのは「疑心暗鬼から解放されて仲間を信じる事の大事さ」「謙虚さと自虐は違う。謙虚であるべきだが度を超えた自虐は自分に有害」そして「いい仕事には、必ず理解者がいる」ということだ。疑心暗鬼やコンプレックスや虚栄など、自分の精神に定着しきった型を無くすことは難しいが、逆にそのおかげで今、物事や人間のより深い理解が可能になるなら、むしろその傷はありがたい。そんな風に今思えるのは、東京行きを快く了解してくれたスキー場の仲間たちと、打ち合わせから始まって東京で一緒に仕事をし出会った皆さん、そして雪像を一緒にやった仲間たちのおかげだ。
改めまして、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

東さんへ

尋ねればいつだってその佇まいに虚栄も傲慢も自虐も見えない、いつもただそのままにあり、そしてまるで人の魂の色や形が見えるかのようでありながら、なんの含みもなく正面から向き合うように力強く握手の手を差し出してくれる姿が、いつでもありありと思い出されます。人の属性とは関係なくおそらく感覚で察し、初対面から俺と分け隔てなく接してくれた事は俺にとって人生の謎の一つですが、でもあなたのそんな姿を見ているうちに、そんな風に人とわかりあう事が可能であること、そうした感覚によってアートや音楽を感じる能力が人には備わっているという当たり前にして大事な事実を確信する事ができました。あなたのあの笑顔と、力強く暖かい手の感触、あの空間に漂っていた精霊たちの創り出す雰囲気、そして響くジャズの音。ありありと感じられます。どうか良い旅を。

黒い影

昨夜twitterで怖くてとても面白い話を読んだ。
 
http://s.ameblo.jp/tsurugimikito/entry-12192236274.html
 それに触発されて昔実際に俺が経験した話を書く。友人たちは聞いたことがある話だとは思うが。十年ほど前の、ある夏の夜の話である。
観光シーズンの阿寒湖の夜は遅い。皆の仕事が終わったある日の夜中、気晴らしに当時うちの店で働いていた小沢君、そして向かいの土産物屋で働いていた平家君と俺で、車で二十分ほどの場所にある、とある山の中にある広い駐車場へと、星を見に出かけた。
その場所は本当に山奥で、周囲十kmは人工物も人家も灯りも何も無い。新月ならば真っ暗闇で、晴れたらびっくりするぐらいの満点の星空を見ることができる。その日もそんな夜だった。
到着したらドアを開けて真っ暗闇の中でカーステレオで音楽をガンガンにかけ、ビールを開けて乾杯し、あとはそれぞれ濃密な暗闇の中で、思い思いに踊ったり、寝そべって星を見たりしてしばらく過ごしていた。
すぐ側に誰かがいても、かろうじてわかる程度の暗闇の中、俺たちはそれぞれ闇の中に散らばって、星と音楽と自由を満喫していた。十km四方に他の人間などいない山奥で、濃密な立ちこめて目の前に膜でもあるかのような闇の中、誰が何をしようと誰にも咎められない圧倒的な開放感の中で踊る。そのうち少しだけ目が慣れてきたのか、目の前にある筈の国道の方に、誰かがいるような黒い輪郭が見えた。俺と同じようにユラユラと踊っている。
誰かが楽しそうにしているのはこちらも楽しくなるものだ。ニヤニヤしながらクルクル回って踊っていると、すぐに、確かに真横に友人二人がいるのがわかる。小沢君も平家君も、座って星を見ているようだった。
驚いて国道の方を見れば、さっきの黒い影はまだそこにいた。人間の形をしているが、なんだか形のバランスがおかしい。相変わらずユラユラと、まるで水中で揺れる昆布や水草のような感じで、踊っているような、何とも言えない動きを続けている。
しかもよく見れば、周りに同じような黒い影がたくさんいる事に気付く。ある影は横たわるように、ある影は座っているように見える。多くは立ってユラユラと踊っているのか動いているのか、とにかく動き回り、真っ暗闇の中から現れたり消えたりしている。
一瞬パニックになりかけるが、そこで目を閉じて考えた。これは俺の無意識の恐怖が作り出した幻影かもしれない。それに他の二人は楽しんでいるのに、俺がそんな事を言い出したらブチ壊しだ。きっと俺の思い込みなんだ。音楽に集中して踊れ。そして目を開けたらきっと消えているはず…
しかし目を開けたら、やはりそれらは変わらずそこにいた。しかもその一体がユラユラとこっちに近づいて来ているように見える。怖い! でもきっとこれは錯覚だ! 目を瞑って無視しろ、音楽、音楽…でもこっちに…やっぱり怖い! 目を開けてそれを見た。
やはりそれらはまだそこにいたが、しかし近づいて来ていた一体は、何かが通じたのか、それとも気まぐれかはわからないが、離れて行っているようだった。周りの奴らもそれぞれ勝手にやっているままだ。どうやら悪いものではなさそうだな、と思った。
それから少しの間は我慢して楽しんでいるふりをしたが、一向にいなくならない黒い影たちにもうどうにも怖くてたまらなくなって、俺は車の中に入って一服しながら二人を待つ事にした。
ところが俺が車の中に入ると、すぐに二人とも車の中にやってきた。ドアを閉め音量を落としてタバコに火をつけ「まだ居るかい?」と聞くと二人とももう帰ろうという。心の中で安堵し、車のライトを点けた。ヘッドライトに照らされたそこは、何も異常などないいつもの場所だった。
しばらくして、ここでならもういいだろうと思い、俺は二人にさっきの体験を話す事にした。実は、さっきの駐車場で何だか黒い人影のような…と話しかけた時、それを遮るように二人は口々に言ったのだった。
「黒い影でしょ?」
「たくさん居ましたよね?」
これには本当に驚いたね。
二人とも、俺と同じような物を見、しかし俺と同じように考えて我慢していたのだという。しかし俺が車に入ったのを見て、それぞれこれ幸いと車の中にやってきたのだった。これには三人で笑ったね。
結局、あれは一体何だったのか、とあれからよく考える。霊?というには違和感があるような気がする。ならば何だろう。精霊? 妖怪? あれから何度もあの場所に行ったけど、あんな体験はあの時の一回きりなので今となっては何もかも謎だ。踊る一体の影が俺に近づいてきたあの時に受け入れていれば、もしかしたら何かがわかったのかもしれないが…。まあ、そうしなかったのが多分正解だったんだろうか。

身の回りの素晴らしいものたち

ツイッターを開いたら「妻が「自分の洗い物の並べ方はあまりにも素晴らしいのに誰も分かってくれなくてむなしい」と言っていた。そう言われて見てみると、確かに小さい皿から大きい皿に鮮やかにグラデーションしていく姿、器の重なりの平行性は機能美を併せていて美しい。それに気付いてからは鑑賞するようにしている。」というRTが目に入り、そういう事ってあるよな、身の回りの生活やなんかの中にある密かなアートや表現ってあるよね、と思った。
気づきって意味で言えば、先日ようやく、何年も行っていて「いやはやほんと素敵だなここは…」と感じてもいた弟子屈の辻谷商店の店内空間風景が、どこを切り取ってもバシッと決まってるコンセプトアートだと、遅まきながら気づいたわけです。
でも多分、身体はとっくに先にわかってたんだと思う。ただ頭で理解したり言語化する事が出来なかったんだよね。そういう事はよくある。
ついさっきも、阿寒湖のアイヌコタンが産んだ木彫りの三大巨人である藤戸竹喜さん、瀧口政満さん、床ヌプリさんの作品を今オンネチセで行われている好企画「アイヌアート展」で見てきたんだけど、恥ずかしながら、実はさっきようやく、本当の意味で床ヌプリさんの作品の物凄さに気づけたと思う。藤戸さん瀧口さんはの凄さはある程度わかっていたように思うんだけど。
(まあもっとも、あくまで「今の時点で」の理解や感覚であって、これから更に見かた感じかたも深化し変わると思うけども)
床ヌプリさんの作品は、なんというかまだうまく言葉にはできないけど、目に見えないけど、昔から延々とたしかに存在し、継承したりしている何らかの感覚や存在を表現しているように感じられる。ズシンとしているというか、古代から続く軽々しくない何か。あんまり縄文とかアイヌとか言いたくないけど、でも言葉ではない、重々しいそれそのもの、という感じかな? 上手く言えない!
今日はまさにこれから京都の大山咲みの舞台で、私たちの愛するカピウ&アパッポの二人が、片足は彼女たちの等身大の日常と地続きのまま、もう片足は脈々と色々なものとつながるものや、うまく言葉には出来ないかもしれないけども確かに存在するカムイや芸能の神との接触を果たすでしょう。当たり前に身の回りに存在するものへの感謝の気持ち。その大事さを彼女たちは教えてくれる。
プロフィール

ポロンノ亭

Author:ポロンノ亭
北海道東部の超グレートな森に囲まれた神秘の湖
『アカントー』。
そのほとりにある、ちっぽけなドラクエのような町
『阿寒湖温泉』。
そしてそのいっかくにある、
キャラ立ちしまくりの住人が生息する
『アイヌコタン』・・・・・。

そしてその片隅にある、
ナイスなアイヌ料理屋『ポロンノ』の怠けマスオさん店長。

最近の記事
ポロンノ亭のTwitter
リンク
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。